タイ旅行の第一関門! 出入国カードの書き方と入国審査の流れを紹介!

f:id:thaihamster:20190718130233j:plain

サワディークラップ!! Thaihamsterです!!

海外旅行で多くの方がまず躓くのは「入国審査」だと思います。

 

タイの入国審査官は威圧的で、尚且つ気分屋な方が多いです。

 

そのため、例えば入国カード (Arrival Card) に不備があった場合、丁寧に記入方法を教えてくれる時もあるのですが、そうでないことの方が多いかもしれません。

 

というわけで今回は、そんなタイ旅行の第一関門である「入国審査」までの流れを出入国カードの書き方とあわせて紹介していこうと思います。

 

これから紹介する流れをしっかりと把握しておけば、スムーズに入国審査が進むと思います。

 

この記事はこんな方におすすめ
  • タイに旅行予定のある方
  • タイの入国審査について知っておきたい方
  • 出入国カードの書き方を予習しておきたい方
  • 入国審査での注意点を知りたい方

スポンサーリンク

 

入国カード (Arrival Card) ってどこでもらうの?

f:id:thaihamster:20190718125326j:plain

出入国カード (Arrival Card & Departuter Card) はタイ行きの機内で受け取ることになります。

 

CAの方がカードを渡してくれるのですが、そのタイミングは大体離陸してから1時間後。

 

もし、そのタイミングに席を外していたり、眠ってしまっていたとしても座席備え付けのテーブルに挟んでくれていたりするので貰い忘れる心配はないと思います。

f:id:thaihamster:20190718125057j:plain

ただ、着陸1時間前になってもカードを貰っていない場合は、CAの方が配り忘れている可能性があるので、持ってきてもらうようにお願いしましょう。

その際に

「Could I get an arrival card?」

もしくは

「Arrival card please」

と伝えれば持ってきてくれると思います。

 

また、出入国カードは受け取ってすぐ記入することをおすすめします。

 

そのため、ボールペンはすぐに取り出せるようにしておきましょう。

入国カード (Arrival Card) と出国カード (Departure Card) の書き方

f:id:thaihamster:20190718113220j:plain

出典:amazing THAILAND (タイ国政府観光庁公式サイト)

*この画像を保存しておいて、機内ですぐに確認できるようにしておくことをおすすめします*

こちらが、確か去年くらいに新しくなったタイの出入国カード。

 

上が”表面”で、下が”裏面”になります。

 

書き方に関してはこちらの記入例を参考に埋めていっていただければ問題ないです。

 

ちなみに、裏面に関しては埋める必要はないと思います。

(私自身一度も書いたことがないのですが、特に何も言われたことがありません。ただ、心配な方は埋めておいた方が無難だと思います)

 

そして、泊まる予定のホテルの住所はしっかりと渡航前にメモしておいて、機内に持ち込むようにしましょう。

そうしないと、「タイ滞在中の宿泊先住所」欄が書けなくなってしまうと思いますので。

 

また、短期旅行者の方であれば、表面の「ビザ番号」欄は空白でオッケーです。

入国審査の流れを解説!

f:id:thaihamster:20190718125809j:plain

飛行機から降りたら、周りの流れに身を任せて「Immigrration」の看板が指す方向に向かいましょう。

 

行列が出来ていたらそこが入国審査待ちの列になります。

 

もし、機内で出入国カードを貰い忘れてしまっていた場合は、入国審査待ちの列近くにいるスタッフに声をかけてカードをもらうようにしましょう。

 

順番が来たら、入国審査官に「パスポートと出入国カード」のみを渡します。

 

その後、カメラに顔を向ける様に促されると思うので指示に従い、写真を撮り終わった後にいくつか質問されると思います。

 

その際に聞かれるであろう質問は...

  • 何日間滞在予定ですか?
  • どこのホテルに泊まりますか?
  • タイに来るのは初めてですか?
  • 渡航の目的は何ですか?

ざっとこんな感じだと思います。

 

また、この他にも「現金で10,000バーツ (35,000円) 以上持っていますか?」という質問をされることがあるかもしれませんが、その際は「はい」と答えるようにしてください。

 

というのも、外国人がタイに入国する際、10,000バーツ以上の現金を所持しておくべき旨を入国管理局が規定しているからです。

 

そのため、もし10,000バーツ以上を現金として持っていなかったとしても、「持っています」と答えるようにしましょう。

 

何も問題がなかった場合は、パスポートに出国カードを挟んだ状態で渡してくると思うので、それを受け取って入国審査は完了となります。

 

*タイ旅行を存分に楽しむためにも、以下の記事をあわせて読んでいただければ幸いです*

スポンサーリンク

 

さいごに

今回はタイに旅行予定のある方に向けて、出入国カードの書き方と入国審査の流れを紹介しました。

 

入国審査官はタイに初めて行く方や、そこまで頻繁に来タイしない方には結構優しいので、そこまで気負う必要はないと思います。

 

ただ、頻繁に (1年に2~3回) タイを出たり入ったりしている方には厳しいので、しっかりと質問に答えられるようにしておきましょう。

変に時間がかかったり、最悪別室に連れていかれることもあります。

 

また、出国カードは無くさないようにしっかりと管理しておいてくださいね。

 

それでは今回の記事をまとめていこうと思います。

この記事のまとめ
  • 出入国カードは往路の機内でCAの方から貰おう!
  • 出入国カードは行きの機内で記入しておこう!
  • 記入方法が書かれた画像を携帯に保存しておこう!
  • 入国審査の際に審査官に渡す書類は「パスポートと出入国カード」のみ!
  • 紹介した質問には答えられるようにしておこう!
  • 出国カードは無くさないように大切に保管しておこう!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

それでは今回はこの辺で!

 

サワディークラップ!!

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ