タイログ-Thailog-

学生の方必見! タイ旅行の費用を安く抑えながら120%楽しむための5つのコツ!

f:id:thaihamster:20190712151953j:plain

サワディークラップ!! Thaihamsterです!! 

もうすぐ日本は夏休みですね。

 

夏休みに入れば、多くの学生の方がタイに旅行されると思います。

 

ただ、気になるのがタイ旅行の費用。

 

アルバイトで稼いだお金で旅行される方も多いと思うのですが、出来る限り費用は抑えて、尚且つタイ旅行を存分に満喫したいですよね。

 

今回はそんな学生の方に向けて、タイ旅行の費用を抑えるための節約術なるものを伝授していこうと思います。

 

バックパッカーの方の参考にもなると思います。

是非最後までお付き合いください。

この記事はこんな方におすすめ
  • タイに旅行予定のある方
  • 大学生の方
  • バックパッカーの方
  • 旅行費用を出来るだけ抑えたい方

スポンサーリンク

 

タイ旅行にはLCCを利用しよう!

f:id:thaihamster:20190712150848j:plain

最初に紹介するタイ旅行費用を安く抑えるコツは「LCCを利用する」です。

 

LCCとは”ローコストキャリア”の略称で、

要は、出来る限りコストを削ることで、サービスを低価格で提供することが出来ている航空会社の総称になります。

 

ANAやJALといったFSC (フルサービスキャリア) と比べると、サービスの質や機内の快適さ (席の間隔が狭かったり、座席にモニターが付いていません) は劣るものの、約半額の値段でタイに行くことが出来ます。

 

おすすめのLCC航空会社はエアアジアノックスクート

 

ちなみに、以上二つの7月、8月のタイ行き航空券代は...

 

エアアジア

ノックスクート

7月

片道約1万円~2.5万円

片道約1.5万円~2万円

8月

片道約1万円~3万円

片道約1万円~2万円

*片道料金です。また、受託手荷物の料金は含まれていません*

*東京・成田からバンコク・ドンムアンまでの運賃です*

 

エアアジアやノックスクート (LCC) に対してANAやJAL (FSC) の片道料金は約3万円から4万円です。

ホットシーズンである夏休みには、より顕著に値段に差が出ますね。

 

また、LCCと言えども直前に予約すればするほど価格は高騰するので、出来る限り早めに予約をすることをおすすめします。

 

*以下の記事にてタイ行き直行便を運航している航空会社の時刻表や、おすすめLCCの特徴などを詳述しています

LCCに関してさらに詳しく知りたい方は是非ご一読ください*

バンコクの移動手段にはBTSか路線バスを使おう!

f:id:thaihamster:20190307110902j:plain

続いて紹介する節約術は「移動手段にはBTS、もしくは路線バスを使う」です。

 

日本と比べて安いため、タイ旅行者の中にはタクシーを使う方が多いと思います。

 

ただ、タイはとても渋滞がひどい国です。

一度渋滞に捕まってしまえば、100バーツから200バーツ程度 (約350円から700円) の金額になってしまうことに加えて、時間的ロスが相当なものになってしまいます。

 

たった数100mの距離を数時間かけて移動しなければならないなんてのも珍しくありません。

 

また、旅行客の方であれば、タクシーのぼったくりにも気をつけなければいけませんよね。

 

そんな時、便利になってくるのがBTS、もしくは路線バス

路線バスに関しては、渋滞してしまうと、タクシー同様に時間的ロスは免れないものの、バンコク内の移動手段としては最安になっています。

(7バーツ (約25円) から24バーツ (約84円) )

 

渋滞がひどい時間帯 (朝8時から9時、夕方17時から19時) にはBTSを利用して、それ以外の時間帯は路線バスを利用するというのが、時間、費用の節約的にベストな手段ではないでしょうか。

 

こちらの記事にて、BTSの乗り方や運賃一覧、また路線図の紹介をしています。加えて、バンコクの路線バスに乗るなら是非インストールしていただきたい、超便利アプリ「Via Bus」の使い方を解説しています。

是非あわせてお読みください。

 

宿探しには「Airbnb (エアビーアンドビー) 」を活用しよう! 

f:id:thaihamster:20190712151209j:plain

3つ目の節約術は「宿探しにAirbnbを活用する」です。

 

Airbnbとは...

「空いている部屋や家を貸したい人」と「借りたい人」とのマッチングサービスで、今人気のシェアリングエコノミーサービスの事です。

出典:エアログ

 

Airbnbの最大のメリットは、利用料金の安さ

 

バンコク中心地でホテルに泊まるとなると、一日約2,000バーツ (約7,000円) 近くはかかるのですが、Airbnbで宿を借りると、安いところであれば、一日600バーツ程度 (約2,100円) で借りることが出来ます。

 

また、現地の文化や異文化に触れることが出来るのもAirbnbのメリットの一つ。

 

ホストと交流することによりタイ特有の文化を学べますし、ゲストハウス形式の宿に泊まれば、世界各国の利用者から様々な文化を学ぶことが出来ます。

 

コスパが最高なことに加え、タイ旅行にプラスして貴重な経験も出来るAirbnbは、学生の方やバックパッカーの方にぴったりなのではないでしょうか。

フリーWiFiスポットを熟知しておこう!

f:id:thaihamster:20190712151245j:plain

4つ目の節約術は「フリーWiFiスポットの熟知」。

 

タイ旅行の費用を出来るだけ抑えるとなると、現地でのネット環境確保のために、「Traveller SIM」を購入したり、WiFIをレンタルしたりするのは難しいものがありますよね。

 

ただ、日本と比べてフリーWiFIが整っているタイ・バンコクでは、建物内に限り、ある程度快適なネット環境が保証されているのです。

 

そのために必要なのがタイ・バンコクのフリーWiFiスポットについてある程度知っておくこと。

 

以下の記事にて、バンコクのおすすめフリーWiFiスポットをまとめています。

是非あわせてお読みください。

タイ料理を知っておこう!

f:id:thaihamster:20190610102453j:plain

最後に紹介するタイ旅行の費用を安く抑えるための節約術は「タイ料理を知っておく」です。

 

現地で最もお金がかかることといったら”食費”になるのではないでしょうか。

 

食べやすくて美味しいタイ料理を知らない為に、折角のタイ旅行なのに無理して同じ料理を何度も食べたり、また、現地の日本料理を食べたりするのは、お金的にももったいないですよね。

(現地の日本料理屋は、日本の約2~3倍の価格設定になっています)

 

そんな時、ある程度タイ料理を知っていれば、飽きながらも同じ料理を食べ続ける必要はないですし、また高いお金を払って日本料理を食べる必要もありません。

 

食費を安く抑えるためにも、旅行前に自分が好きそうなタイ料理をいくつか調べておきましょう。

 

こちらの記事にて、タイ料理が苦手かもしれない方に向けて、癖が全くないおすすめのタイ料理をいくつか紹介しています。

また、タイ料理初心者の方に向けて、少し癖はあるけど病みつきになること間違いなしのタイ料理も紹介しています。

是非ご一読ください。

スポンサーリンク

 

さいごに

今回は学生、もしくはバックパッカーの方に向けて、タイ旅行の費用を安く抑えながらも旅のクオリティを下げない為の5つのコツを紹介しました。

 

旅の快適さを追求するのであれば、もちろん、フルサービスキャリアを利用したり、ホテルに宿泊するほうがいいと思います。

 

ただ、以上の節約術を実践すれば、旅費を抑えることが出来るだけではなく、より貴重な経験・体験が出来ることは間違いないと思います。

 

 それでは今回の記事をまとめていこうと思います。

この記事のまとめ
  • FSCよりLCCを利用しよう!
  • バンコクの移動手段はBTSか路線バスがおすすめ!
  • Airbnbで貴重な経験を!
  • タイ・バンコクのフリーWiFiスポットについて予習しておこう!
  • タイ料理を知っていればいるほど、楽しいタイ旅行になること間違いなし!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

それでは今回はこの辺で!

 

サワディークラップ!!

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ