バンコク市内でフリーWiFiを利用できるスポットをまとめてみた!

f:id:thaihamster:20190708172742j:plain

サワディークラップ!! Thaihamsterです!!

 

海外旅行中であれば、無料で利用できるWiFiは大変重宝しますよね。

 

特に、学生やバックパッカーの方であれば出来るだけ旅費を抑えるため、海外用のSIMカードやレンタルWiFiを利用せずにタイに遊びに来る方も多いと思います。

 

また、日本に比べてバンコクでは至る所で無料WiFiを利用することが出来ます。

 

これから紹介する無料WiFiスポットを覚えておけば、お金をかけてネット環境を整えなくても、快適なバンコク観光を満喫できるかもしれません。

 

この記事はこんな方におすすめ
  • バンコク観光予定の方
  • 学生 or バックパッカーとして旅行予定の方
  • 出来るだけ旅費を抑えたい方
  • 超短期での旅行予定の方 (1泊2日)

スポンサーリンク

 

公共施設のフリーWiFi「Free Public WiFi」について

f:id:thaihamster:20190708165804j:plain

まず初めに紹介するのは、バスターミナルや駅、病院や警察署、有名な観光地などで利用することが出来る「Free Public WiFi」

 

こちらのフリーWiFiはタイ国内の約2万か所以上に設置されており、「Free Public WiFi」のロゴがある場所で利用することが出来ます。

 

ネットワーク名は「ICT Free WiFi」で、スマホの設定画面で選択することにより登録画面に移ることが出来ます。

 

登録画面では...

必要な情報
  • 名前
  • パスポート番号
  • 電話番号
  • 住所 (滞在先のものでいいです)
  • メールアドレス

以上を入力します。

入力し終わると、登録完了となり、「ユーザーネーム」と「パスワード」が発行されるので、それらを入力することにより利用が可能になります。

 

1回の利用可能時間は2時間で、登録した情報の有効期限は6か月になります。

そのため、有効期限が切れたらもう一度登録し直さなければなりません。

 

また、やはり公共のWiFiなので、通信速度や安定性はかなり悪いです。

快適なネット環境が欲しい方には、物足りないと思います。

空港やショッピングモールのフリーWiFiを使う際は個人情報の登録が必須です!

f:id:thaihamster:20190708170218j:plain

お次は、デパートや空港のフリーWiFiを使うために必要なアカウント登録についてお話ししていこうと思います。

 

日本でも同じだと思うのですが、タイでは空港やデパートのフリーWiFiを利用する際はアカウント登録が必要になってきます。

 

アカウント登録時に入力する情報は...

必要な情報
  • パスポート番号
  • 名前
  • 電話番号
  • メールアドレス

以上が基本的に必要になってくる個人情報ですね。

また、全ての項目を英語で入力しなければいけません。

なので、携帯のメモなどに上記個人情報を英語で控えておくことをおすすめします。

 

英語のメモがあればフリーWiFiのアカウント登録以外にも、ホテルのチェックインなどの諸手続きがよりスムーズに行えると思います。

 

ちなみに、カフェに設置されているフリーWiFiは基本的にアカウント登録は必要ありません。

商品購入時に貰うレシートに「ユーザーネーム」と「パスワード」が記入されているので、それらを入力すれば利用できるようになることがほとんどです。

スワナプーム国際空港・ドンムアン国際空港のフリーWiFi

前述した通り、空港に設置されているフリーWiFiは公共のものになるので、アカウント登録時にパスポート番号を含めた個人情報の入力が必要になってきます。

 

WiFi名はAirport AIS Free WiFiAirport True Free WiFiの2種類で、通信会社が違うだけで、サービス内容に変わりはありません。(速度がこちらの方が早いとかはありません)

 

ちなみに、これらのWiFiは使用可能時間が2時間となっています。

もし、どちらか一方の使用時間が2時間を超えてしまったら、もう一方のものを使うことにより、合計4時間利用することが出来ます。

フリーWiFiが利用できる大型ショッピングモール

f:id:thaihamster:20190708170429j:plain

続いて紹介するフリーWiFiスポットは大型ショッピングモールです。

今回は、日本人旅行客の方に人気のあるショッピングモールのみを紹介していこうと思います。

エンポリアム (Emporium)・エムクオーティエ (Emquartier)

エンポリアム・エムクオーティエは旅行客、在タイ日本人に大変人気のある高級ショッピングモールになります。

 

どちらのショッピングモールもBTSプロンポン駅に直結しており、駅の南側に位置するのが「エンポリアム」、北側に位置するのが「エムクオーティエ」。

 

アクセスが非常にしやすいので、バンコク観光に来たことがある方なら、一度は足を運んだことがあるんではないでしょうか。

 

そんなエンポリアム・エムクオーティエでは、同じWiFiのシステムを使用しているため、どちらか一方で登録してしまえば、両方で利用することが出来ます。

 

そのWiFi名は「EM District-Free WiFi」

 

そして、登録時に必要になってくる情報は...

必要な情報
  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号

もし、自分の個人情報を登録したくなければ、適当に入力しても登録できるみたいです。

 

ちなみに、こちらのフリーWiFiは利用可能時間が2時間のみとなっています。

利用時間が切れてしまったらもう一度ログインし直すことにより、利用を再開することが出来ます。

 

ただ、エンポリアム・エムクオーティエのフリーWiFiには2つほど欠点があり、

一つ目が、登録時にエラーが頻繁に起こってしまうこと。

そのため、何度か同じ登録作業を繰り返さなければいけないかもしれません。

 

2つ目が、デパート内でも場所によって電波の強弱があること。

これに関してはフリーWiFiなので仕方ないところもあると思うのですが、お世辞にも快適なネット環境とは言えないクオリティーです。

ラインを返すとかちょっとした調べ物をするくらいならストレスなく出来ると思います。

エンポリアム・エムクオーティエ基本情報

営業時間

10:00~22:00

住所

622 Sukhumvit 35,Sukhumvit Road (エンポリアム)

693 Sukhumvit 35,Sukhumvit Road (エムクオーティエ) 

電話番号

(+66)2 269 1000 (エンポリアム、エムクオーティエともに同じ)

 

HP

http://www.emporium.co.th/ (エンポリアム)

http://www.emquartier.co.th/ (エムクオーティエ)

言語

英語 or タイ語

ターミナル21 (Terminal 21)

バンコク屈指のビジネス街として知られるアソークに建てられたターミナル21。

空港をコンセプトにしたショッピングモールで、多くの観光客、在住者に大変人気があります。

 

こちらのショッピングモールもエンポリアム・エムクオーティエ同様にBTSに直結しており (アソーク駅) 、大変アクセスしやすいです。

 

そして、ターミナル21で利用できるフリーWiFiは他のショッピングモールのものよりも通信速度が速いです。

個人的に、ショッピングモールで利用できるフリーWiFiの中で最もおすすめです。

 

ただ、アカウント登録が少し面倒なのがデメリットですね。

2階にあるインフォメーションカウンターに出向いて利用申請をしなければいけません。

 

その際に必要になってくる情報は

必要な情報
  • パスポート (提示しなければならない)
  • メールアドレス
  • 名前

*ターミナル21でフリーWiFiを利用する場合は、パスポートの提示が必要になってきます (初回登録時に限り)*

 

登録が完了すると、紙を渡されるのですが、その紙に「ユーザーネーム」「パスワード」が書かれています。

 

利用可能時間は他と同じで2時間です。

 

また、こちらのブログにて、「ターミナル21」に関する情報をとても詳しく書かれています。

これからバンコクに観光予定のある方は、こちらの記事で予習をして、日本にはない面白コンセプトショッピングモール「ターミナル21」に足を運んでみてはいかがでしょうか?

インスタ映えすること間違いなしだと思いますよ!

www.trip-cafe510.com

www.trip-cafe510.com

ターミナル21の基本情報

営業時間

10:00~22:00

住所

2,88 Sukhumvit Soi 19(Wattana) Sukhumvit Rd. North Klongtoei, Wattana, Bangkok 10110

電話番号

02-108-0888

HP

http://www.terminal21.co.th/

言語

英語 or タイ語

サイアムパラゴン (Siam Paragon)

バンコクの中心地に建てられた「サイアムパラゴン」。

地下には水族館があるなど、こちらのショッピングモールも日本とは一味違った魅力があります。

 

サイアムパラゴンでも、ターミナル21と同様にフリーWiFiを利用する際は初回登録時にインフォメーションセンターにてパスポートの提示が必要になります。

 

パスポートを提示してフリーWiFIを利用したい旨を伝えると、登録情報を記入する紙を渡されるので、そちらの紙に個人情報を書き込んでください。

書き込む情報は...

必要な情報
  • パスポート番号
  • 名前
  • 滞在ホテル名
  • 滞在予定日数
  • メールアドレス

以上の情報を書き終えると、ユーザーネーム (SPW True Free WiFi)とパスワードが書かれた紙が貰えます。

 

そして、フリーWiFiの利用可能時間は他より少なめの1時間のみ。

 

ネット目当てにサイアムパラゴンに行くのはあまりおすすめしません。。

サイアムパラゴンの基本情報

営業時間

10:00~22:00

住所

91/1 Rama I Rd, Pathumwan, Bangkok 10330

電話番号

+66 (0)2 690 1000

HP

http://www.siamparagon.co.th/

言語

英語 or タイ語

 

日本人旅行客の方が行くであろう有名ショッピングモールでのフリーWiFi情報は以上です。

続いて、フリーWiFiスポットとしても利用できるおすすめのカフェを紹介していこうと思います。

フリーWiFiが利用できるカフェ

f:id:thaihamster:20190708171343j:plain

基本的に、タイにあるカフェはどこでもWiFiを利用することが出来ます。

 

商品を購入した際に貰うレシートにフリーWiFiを利用するための「ユーザーネーム」と「パスワード」が書かれているといった感じです。

 

それでは、24時間営業していてフリーWiFiスポットしても利用できるおすすめのカフェを紹介していこうと思います。

TOM N TOMS COFFEE

タイで有名なコーヒーチェーン店「TOM N TOMS COFFEE」。

一番の魅力は多くの店舗が24時間営業で、利用客であれば自由に携帯やパソコンを充電することができるところ。

 

注文後に貰えるレシートに「ユーザーネーム」と「パスワード」が書かれているため、飲み物さえ頼めば無料でWiFiを利用することが出来ます。

 

しかし、確か利用可能時間が1時間だけだったはず。

 

もし、時間を過ぎてしまったらもう一度商品を購入して、新しい「ユーザーネーム」と「パスワード」を発行してもらわなければなりません。

 

そのため、空港やショッピングモールに比べると少し割高になってしまいますね。。

 

ただ、その分快適な環境でネットを使用することが出来るので、外出中、ゆっくりとネットで調べ物をしたいとき時などに最適だと思います。

TOM N TOMS COFFEE (スクンビットソイ26 K Village店) の基本情報

営業時間

24時間

住所

K-Village Zone A Sukhumvit 26 Alley, Khwaeng Khlong Tan, Khet Khlong Toei, Krung Thep Maha Nakhon 10110 タイ

電話番号

+66 2 661 3884

HP

tomntoms.co.th

英語 or タイ語

 *24時間営業ではない店舗もあるので注意してください*

Too Fast To Sleep

先ほど紹介したサイアムパラゴン近くに店を構える「Too Fast To Sleep」。

「Too Fast To Sleep」も24時間営業となっており、学生をメインにとても人気のあるカフェです。(近くにチュラロンコン大学があるため、お客のほとんどはチュラ大の学生たちです)

 

そのため、大学の中間考査や期末考査が近くなると、昼夜問わずとても混雑してしまうのがちょっとしたマイナスポイントですかね。。

 

*こちらの記事にて、タイの現役大学生の目から見たおすすめの大学や留学費用、入試制度や学期スケジュールまでいろいろな情報をまとめています。タイに留学してみたいと思われている方は是非ご一読ください*

 

こちらのカフェも利用客であれば、自由に携帯やパソコンを充電しながら使用することが出来ます。

 

フリーWiFiの利用方法も同じで、商品注文時に貰えるレシートに「ユーザーネーム」と「パスワード」が書かれているので、そちらをスマホに入力してください。

 

利用可能時間は3時間で、それ以降はもう一度商品を注文して、新しい「パスワード」を発行してもらう必要があります。

 

個人的には、長時間にわたって何か作業する方に特におすすめのカフェですね。

 

店内の雰囲気や作りもなかなか独特で、行くだけで楽しめるカフェとなっているので、もし旅行中時間に余裕がある方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

Too Fast To Sleepの基本情報

営業時間

24時間

住所

222,222/1-7,224 ซอย Siam Square Soi 1, Pathum Wan District, Bangkok 10330 タイ

電話番号

+66 81 899 1551

HP

https://www.facebook.com/toofasttosleep/

言語

英語 or タイ語

 

以上が24時間営業でフリーWiFiが利用できるおすすめのカフェになります。

紹介したもの以外で、マクドナルドや、StarbucksでもフリーWiFiが利用できます。

スポンサーリンク

 

さいごに

今回は学生やバックパッカーとしてバンコクに観光予定のある方に向けて、タイで利用できるフリーWiFiのおすすめスポットをいくつか紹介しました。

 

バンコクは本当に日本以上にフリーWiFiの環境が整っているため、建物内であればどこでもネットは使えると思っていただいていいと思います。

 

ただ、やはり海外。

外出中にいかなるトラブルに巻き込まれるかわかりません。

 

個人的には自身の安全のためにも、SIMカードを購入するか、Wifiレンタル をしたほうがいいと思います。

 

こちらの記事にて、タイ旅行に行くなら絶対的におすすめな日本で購入できるSIMカード「Traveller SIM」を紹介しています。

タイに旅行予定のある方でSIMロックが解除されたスマホをお持ちの場合は是非ご一読ください。

 

もし、SIMロックが解除されていないスマホをお持ちの場合は、イモトのWiFi がおすすめです。

SIMカードに比べると割高になってしまいますが、日本の携帯キャリアの海外用パッケージに比べるとだいぶ安いです。

タイ旅行中も快適なネット環境が欲しい方は是非検討してみてください。

 

それでは今回の記事をまとめていこうと思います。

この記事のまとめ
  • フリーWiFiを利用するにはアカウント登録が必要なことが多い!
  • 公共のフリーWiFiは「パスポート番号」を入力しなければいけない!
  • 「Free Public WiFi」はいろいろなところで利用できるけど、クオリティーは低め
  • 空港内のWiFiは通信速度が比較的速い!
  • ネット目当てでショッピングモールに行くならターミナル21がおすすめ!
  • タイのカフェでは商品を購入すればWiFiが使える! (登録いらず!)
  • Too Fast To Sleepは長時間の作業が必要な方に特におすすめ! (ノマドの聖地)

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

それでは今回はこの辺で!

 

サワディークラップ!!

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ