BTS(スカイトレイン)の路線図や料金、乗り方を徹底解説!!バンコクでは渋滞知らずなBTSに乗ろう!

f:id:thaihamster:20190705163604j:plain

サワディークラップ!!Thaihamsterです!!

 

バンコク観光中に最も困ることの一つが「渋滞」。

 

タイ・バンコクは世界的にも渋滞がひどい国として知られており、ピーク時 (朝8時ごろと夕方6時ごろ)には、たった数100mの距離に1時間以上かかってしまうなんてことも珍しくありません。

 

バンコク観光中の貴重な時間を、渋滞のせいで無駄にしたくありませんよね。

 

ただ、一つだけ渋滞を気にせず快適にバンコク内を移動することが出来る手段があるんです。

それが、タイの高架鉄道「BTS」

 

というわけで今回は、そんなバンコク内の移動に超便利な「BTS」に関して、路線図や料金、乗り方の説明に加え、タイのICカード”Rabbit Card”の紹介もあわせてしていこうと思います。

 

この記事はこんな方におすすめ
  • バンコク観光予定の方
  • タイの渋滞に困っている方
  • BTSの乗り方が知りたい方
  • BTSの料金が知りたい方
  • BTSの路線図を確認したい方

*当記事は2019年7月5日に編集&再投稿されました*

 

 

BTSの路線図

こちらがBTSの路線図になります。

 

f:id:thaihamster:20190705124402j:plain

 出典:ThaiNavi

見た感じ少し複雑そうに見えるかもしれませんが、BTSには二つの路線しかありません。

  • スクンビット線

=上りの終点「モーチット駅」から下りの終点「ケーハ駅」まで合計31駅を結ぶ路線です。

*2018年12月にサムローン駅からケーハ駅まで延伸しました*

 

サイアム駅やプロンポン駅などの沿線エリアには大型デパートやホテルなどが立ち並んでいることもあり、旅行客の方が頻繁に利用するのはこちらの路線になると思います。

  • シーロム線

=「ナショナルスタジアム駅」から「バーンワー駅」までの13駅を結ぶ路線。

MBK (有名なショッピングモール) やタイの三大寺院 (ワットプラケオ/ワットポー/ワットアルン) へ足を運ぶ際に利用することになる路線です。

 

この二つの路線はバンコクの中心地「サイアム駅」にて交わっています。

そのため、乗換えはサイアム駅にて行えます。

スクンビット線の路線図

f:id:thaihamster:20190705124330p:plain

シーロム線の路線図

f:id:thaihamster:20190705125353p:plain

BTSの料金一覧

f:id:thaihamster:20190308154238j:plain

こちらがBTSの料金一覧になります。

 

この料金表は券売機の真横にあるため、チケットを買いながら目的地までの料金を確認することが出来ます。

 

ちなみに、こちらはプロンポン駅を出発地点とした料金一覧です。

料金帯は15バーツから59バーツになります。

BTSのチケットには種類がある!

実は、BTSには3種類のチケットがあることをご存知でしたでしょうか?

シングルジャーニーカード (Single Journey Card)

その名の通り、一度きりしか使えないカード。

日本で言う”切符”ですね。

 

こちらのカードには有効時間というものがあり、チケットを改札に通して構内に入場してから、120分以内に改札を出ないといけません。

 

もし、120分以上経過してから改札を出ようとすると、40バーツの追加料金を支払わなければいけない為、注意が必要です。

 

また、使用可能なのは購入日に限ります。

 

シングルジャーニーカードは改札前に設置されている券売機、もしくは改札の横にある窓口 (チケットオフィス) にて購入することが出来ます。

ワンデイパス (One day pass)

こちらもその名の通り、購入した日に限り、一日乗り放題になる乗車チケットです。

ただ、日を跨いでしまったらもちろん使用できないので注意してください。

料金は140バーツで、チケットオフィスにて購入することが出来ます。

ラビットカード (Rabbit Card)

上記の一日券とは違い、複数日にわたって使用可能なカード。

ラビットカードにも2種類あり

  • Standard Rabbit Card

=日本のICカード (PitapaやSuica) と全く同じです。

カードにお金をチャージして使うことが出来ます。

発行手数料

200バーツ (約700円)

*200バーツのうち100バーツが初回チャージ金額としてチャージされます*

チャージ可能額

100バーツ (約350円)から4,000バーツ (約14,000円)

有効期限

購入日から5年間有効

ただし、チャージしたお金は、チャージ日から2年間のみ有効。

Rabbit Cardはチケットオフィスで購入することが出来ます。

購入の際にはIDカード、もしくはパスポートの提示が必要です。

  • Fixed Price Trips on Rabbit

=日本で言う回数券です。

乗車回数は15、25、40、50の中から選ぶことができます。

料金

-一般-

  • 15回券:465バーツ (約1,628円)
  • 25回券:725バーツ (約2,538円)
  • 40回券:1,080バーツ (約3,780円)
  • 50回券:1,300バーツ (約4,550円)

-学生-

  • 15回券:360バーツ (約1,260円)
  • 25回券:550バーツ (約1,925円)
  • 40回券:800バーツ (約2,800円)
  • 50回券:950バーツ (約3,325円)

有効期限

購入日から30日間

このタイプのRabbit Cardも購入時にIDカード、もしくはパスポートの提示が必要です。

もし、タイの大学や語学学校に通っている場合は学生料金での購入が可能。

その際は学生証の提示も必要になってきます。

 

旅行客の方であれば基本的に「Single Journey Card」、もしくは「One day pass」の購入をおすすめします。

特に、一日に4回以上BTSを利用するのであれば、「One day pass」を購入したほうがお得になると思います。

 

Rabbit cardはタイに複数回来る予定のある方であれば購入を検討してもいいかもしれません。

ただ、チャージしたお金は2年間しか有効期限を持たない為、その期間内に再度タイに来る予定がないのであれば、買わなくてもいいかなといった感じです。

 

利用頻度によってチケットを使い分けることで、さらにお得にBTSを利用することが出来るので、是非覚えておいてください。

スポンサーリンク

 

BTSの運行時間や運行間隔は?

運行時間

05:15から24:50頃まで

*各駅によって始発の時間と終電の時間は異なります*

運行間隔

2分30秒から10分

BTSに時刻表はありません。

その為、運行間隔は結構バラバラです。

私の経験上、10分も待つことはあまりなく、平均して5分くらいだと思います。

観光客の方がよく利用する駅の始発と終電の時間は? -スクンビット線-

 

ケーハ駅行き

モーチット駅行き

サイアム駅発

05:29 (始発)

24:24 (終電)

05:43 (始発)

24:29 (終電)

プロンポン駅発

05:38 (始発)

24:37 (終電)

05:34 (始発)

24:19 (終電)

トンロー駅発

05:40 (始発)

24:39 (終電)

05:32 (始発)

24:17 (終電)

アソーク駅発

05:36 (始発)

24:35 (終電)

05:36 (始発)

24:35 (終電)

ナナ駅発

05:34 (始発)

24:34 (終電)

05:37 (始発)

24:22 (終電)

観光客の方がよく利用する駅の始発と終電の時間は? -シーロム線-

 

バーンワー駅行き

ナショナルスタジアム駅行き

ナショナルスタジアム駅発

05:39 (始発)

24:27 (終電)

 -

サイアム駅発

05:32 (始発)

24:29 (終電)

05:53 (始発)

24:29 (終電)

サパーンタクシン駅発

05:43 (始発)

24:40 (終電)

05:41 (始発)

24:16 (終電)

BTSの始発と終電の時間は出発駅によって異なります。

旅行客の方は、大体05:00から24:00くらいと覚えておくといいと思います。

BTSチケットの買い方は?

BTSチケットの購入方法は二つあります。

チケットオフィスでの購入方法

1つ目はチケットオフィスで購入する方法。

改札の真横にある窓口がチケットオフィスになります。

 

以下の手順を踏めば、スムーズにチケットを購入できると思います。

  1. 目的地を伝える
  2. 言われた運賃を支払う
  3. チケットを受け取る

ちなみに、チケットオフィスの営業時間は06:00から23:45分までです。

始発と終電の時間には営業していないので注意してください。

券売機での購入方法

2つ目は券売機によるチケットの購入方法です。

券売機では「Single Journey Card」のみ購入することが出来ます。

 

基本的に、チケットオフィスはかなり混雑するので、「Single Journey Card」のみを購入予定の方は券売機での購入をおすすめします。

f:id:thaihamster:20190308153859j:plain

こちらが券売機の写真。

 

以下が、券売機でのチケット購入手順になります。

  1. 目的地までの料金を料金表を見て確認する。f:id:thaihamster:20190308154238j:plain
  2. 券売機に書かれている①の画面を確認して、目的地までの運賃と同じ数字が書かれているボタンを押す。(料金表の丸く囲まれている数字が運賃を表しています)

    f:id:thaihamster:20190702183956j:plain

  3. ボタンを押し終わったら、②のコイン投入口に目的地までの運賃を投入する。(ボタンを押す前に、コインを投入することは出来ないようになっています)
  4. ③の吐き出し口に「Single Journey Card」とお釣り (ある場合) が出てくる。

 

注意点として、このタイプの券売機は硬貨 (1、5、10バーツ) しか使用できないため、もし、紙幣 (20バーツ紙幣以上) を使いたい場合は、先ほど紹介したチケットオフィスにて両替しなければなりません。

f:id:thaihamster:20190308154341j:plain

もしくは、こちらのタイプの券売機では紙幣でのチケット購入が可能です。

 

ちなみに、自動券売機の利用可能時間は06:00から24:00です。

始発と終電の時間には利用出来ないので注意してください。

BTSの乗り方を徹底解説!

チケットを購入出来たら、いよいよ構内に入場するために改札を通りましょう。

こちらが改札の写真です。

f:id:thaihamster:20190705131907j:plain

上の画像を見てわかるように、各駅改札を通った先に荷物チェックをする係の方がいます。

数年前にBTSで爆発テロが起きたために、それ以降このような係の方が配置されるようになりました。

面倒かとは思いますが、必ず荷物チェックには協力するようにしてください。

 

また、駅構内に入る時に改札を通る際は「Single Journey Card」含めすべてのチケットはタッチ式になります。

 

ただ、少しややこしいのですが、構内から出る時に改札を通る際は「Rabbit Card」以外のチケットは挿入口に挿入する形になるんです。

f:id:thaihamster:20190705133849j:plain

以前までは、駅構内に入る際も「チケットを挿入して改札を通る」やり方だったんですが、いつの間にか変わっていました。(タッチ式ではなかったんです)

 

以前のやり方で覚えてしまっている方は少し戸惑うかもしれませんね。

 

改札を通ったら上部にある案内板に

スクンビット線なら「モーチット駅行きはこちら」と「ケーハ駅行きはこちら」、

シーロム線なら「ナショナルスタジアム駅行きはこちら」と「バーンワー駅行きはこちら」

と書かれているので、先ほど紹介した路線図を見ながら、自分の目的駅はどちら方面なのかしっかりと確認して電車に乗ってください。

 

以上が、BTSの乗り方になります。

スポンサーリンク

 

さいごに

今回はタイ・バンコクに旅行予定のある方に向けて、BTSの乗り方や料金、路線図の紹介をメインに「Rabbit Card」に関する説明もさせていただきました。

 

まだまだ、交通整備が整っていないこともあり、バンコクは特に渋滞が激しいです。

 

そんな時に、今回紹介した情報を参考に、BTSを乗りこなしていただければ幸いです。

 

ただ、BTSの駅がない地域に行くにはタクシーやトゥクトゥクを利用しなければなりません。

その際は、ぼったくりに遭う心配がない超便利な配車サービス「Grab」を利用することを絶対的におすすめします。

 

タイ・バンコクに旅行する予定のある方は、下記の記事を参考に、Grabアプリの登録方法から使い方までをマスターしていただければ幸いです。

また、タイならではの伝統的な乗り物「トゥクトゥク」に関する情報も下記の記事にて紹介しています。

タイで利用できる他の移動手段に比べて少し割高になっているため、普段使いにはおすすめしませんが、タイ旅行の思い出の一つとして、一度くらいは利用してみてもいいのではないでしょうか。

 

 それでは今回の記事をまとめていきますね。

この記事のまとめ
  • 渋滞が激しい時間帯にはBTSに乗ろう!
  • BTSには「スクンビット線」と「シーロム線」の二路線しかない!
  • サイアム駅が二つの路線の乗換え駅!
  • BTSの運賃は16バーツから59バーツ!
  • 旅行客の方は基本的に「Single Journey Card」、もしくは「One day pass」を購入しよう!
  • 2年以内に複数回来タイ予定のある方は「Rabbit Card」の購入がおすすめ!
  • BTSの始発と終電の時間はだいたい05:30から24:00!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

それでは今回はこの辺で!

 

サワディークラップ!!

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ