タイ旅行中にかかる可能性がある病気や感染症をまとめてみた

f:id:thaihamster:20190703164421j:plain

サワディークラップ!! Thaihamsterです!!

 

日本で生活していると清潔な環境に体が慣れているため、

「海外に行ったとたん病気になってしまう」なんてことも珍しくありません。

 

タイも日本と比べると清潔ではない為、特に旅行客の方はある程度の対策をしおかないと風邪を引いてしまったり、お腹を壊してしまったり、もしかしたらもっと重大な病気や感染症に罹ってしまうかもしれません。

 

というわけで今回は、タイ旅行中に罹る可能性がある病気や感染症の症状を対策とともに紹介していこうと思います。

 

タイへ旅行予定のある方は当記事で旅行準備 (病気の予防&対策) を進めていただければ幸いです。

 

この記事はこんな方におすすめ
  • タイへ旅行予定のある方
  • 海外に行くと高確率で体調を崩してしまう方
  • 海外旅行が初めての方
  • 夜遊びが目的の方

 

タイ旅行中にかかる可能性がある感染症とは?

タイには日本では罹ることがないような感染症や病気が蔓延しています。

原因は様々なのですが、やはり日本と比べて衛生面で劣るところが一番の理由なのではないでしょうか。

*こちらの記事にてタイの衛生面に関する情報を詳述しています。

タイに旅行予定のある方は是非ご一読ください*

 

それでは、タイに旅行中に罹ってしまう危険性がある感染症や病気をいくつか紹介していこうと思います。

狂犬病

まず一番最初に紹介するのは、症状を発症してしまえば死に至る可能性が100%の恐ろしい感染症「狂犬病」について。

 

日本では狂犬病に罹る可能性が0%なのですが、タイではまだまだ感染するリスクがあります。

 

もし、タイ旅行中に野良犬や猫に噛まれたり引っ掻かれたりした場合は、ただちに綺麗な流水で洗い、すぐに病院に直行してください。

 

病院にて24時間以内にワクチンを接種することにより、発症する可能性をほぼ0%まで下げることが出来ます。

 

こちらの記事で対策やワクチンについて紹介しているため、詳細は割愛させていただきます。

狂犬病についてさらに詳しく知りたい方は是非こちらの記事をご一読ください。

デング熱

蚊に噛まれることにより発症する感染症「デング熱」。

 

デング熱は東南アジアやアフリカが主な流行地域となっており、感染すれば2~14日の潜伏期間ののち、38~40°の高熱、激しい頭痛、吐き気、関節痛、発疹などの症状が現れます。

症状がひどい場合は死に至ってしまう恐ろしい病気です。

 

激しい関節痛に見舞われるのがデング熱の特徴で、そのため、海外では「Break Born Fever」という別名でも呼ばれています。

 

通常、高熱は2~4日すれば引き、その後に赤い発疹が現れるみたいです。

 

対策としては、流行地域での肌の露出を避け、虫よけスプレーを使用すること。

残念ながら、デング熱に有効なワクチンや治療法はまだないみたいです。

 

タイ旅行には必ず虫よけスプレーやムヒを持参&携帯するようにしましょう。

レプトスピラ症

お次に紹介するのは、雨季の時期に大流行する感染症「レプトスピラ症」について。

 

初めて聞く方も多いと思いますが、実は日本でも沖縄などで感染する危険性がある病気なんです。

 

レプトスピラ症とは病原菌であるレプトスピラという菌に感染して発症する病気で、この菌は主にドブネズミや野良犬の腎臓に保菌されています。

 

そのレプトスピラ菌が尿により排出され、水や土を汚染。

その後、汚染された水や土に触れる、もしくは飲むことにより人間に感染するみたいです。(経皮・経口感染と言います)

 

そのため、タイ旅行中に以下のケースに遭遇する可能性がある方は特に要注意です。

  • 雨により冠水した道路を歩くことが多い。
  • ウェイクボードなどのスポーツをすることが多い
  • 屋台でよくご飯を食べる

冠水した道路はドブネズミや犬の尿が混ざっていることが多いため、水がレプトスピラ菌に汚染されている可能性が非常に高いです。

そんな道をサンダルや足に傷がある状態で歩くと、感染する可能性が跳ね上がってしまいます。

そのため、道路が冠水しやすい雨季にレプトスピラ症は大流行するんですね。

 

また、ドブネズミが触れた食器を使用して食事をするなども感染リスクを上昇させます。

レプトスピラ症の症状と対策について

レプトスピラ症は急性の熱性疾患です。

そのため、感染すると5~14日の潜伏期間後、38°~40°の高熱、頭痛、筋肉痛、悪寒、目の充血などの症状が現れます。

インフルエンザに近い症状ですね。

 

重度の場合は、黄疸、腎障害などの症状が現れ、最悪の場合死に至るケースもあるみたいです。

 

もし、以上のような症状が現れたら、ペニシリンを投与してもらう必要があるため、すぐに病院に行ってください。

 

レプトスピラ症の対策としては、

対策
  • 冠水した道路を極力歩かない
  • 野良犬には近づかない
  • 有名な屋台しか行かない (有名な屋台は、衛生面にある程度気を使っているイメージです)

ちょうど今 (2019年7月時点) タイは雨季です。

旅行客の方は出来るだけ冠水した道路を歩かないようにしましょう。

タイ旅行中にかかる可能性ある病気や感染症 -腹痛編-

腹痛の原因は大きく分けて3つあり、「細菌系」、「寄生虫系」、「ウイルス系」。

症状が似ていることから、原因特定は難しいことが多いと思いますが、これから紹介する原因と症状を覚えておけば、迅速かつ的確な対応が出来るようになるかもしれません。

アメーバ赤痢 (細菌系)

赤痢菌が体内に入ることにより、引き起こされる病気です。

 

一昔前のタイでは、「氷が入った飲み物はお腹を壊す」と言われていたんですが、これは赤痢菌が原因だったみたいですね。

 

感染すると、腹痛以外に発熱 (1~2日程度) や膿粘血便の症状を伴います。

 

現在ではタイの氷を食べてもお腹を壊すことはないと思いますが、火の通っていない魚介類などには要注意です。

 

対策としては、屋台で (衛生管理がしっかりしていないようなお店で)魚介類を食べないようにする。

これに尽きます。

 

もし、アメーバ赤痢 (細菌性赤痢) に罹ってしまったかなと思ったらすぐに病院へ行くか、ビフィズス菌や乳酸菌を含む生菌整腸剤を服用するようにしてください。

また、発熱を伴うこともあるため解熱剤を飲みたくなるとは思いますが、脱水症状を促してしまうため、極力服用しないようにしてください。

 

出来るだけポカリスエット (タイでも販売されています) などのスポーツ飲料を飲むようにしましょう。

コレラ (細菌系)

コレラはコレラ菌に汚染された飲食物を接種することにより感染する経口感染症です。

 

コレラに罹ってしまうと、ひどい下痢に見舞われ、脱水症状に陥りやすい傾向にあります。

 

難点なのが、コレラには市販されている整腸剤や下痢止めがまったく効かないこと。

 

もし、水のような下痢が続くようでしたらすぐに病院へ行き、抗生物質を処方してもらうようにしてください。

また、細かな水分補給は不可欠です。

現在では、粉末タイプの経口補水液も販売されているため、タイ旅行前に準備しておくといいと思います。

コレラの予防方法は...

対策
  • 屋台で生の魚介類を食べない
  • 食前、食後共にしっかりと手洗いをする
  • 水遊びは極力避ける

以上になります。

 腸チフス

腸チフスとは、チフス菌に感染することにより発症する病気です。

 

感染してから7~14日の潜伏期間後、38°~39°の高熱、下痢、徐脈 (不整脈の一種)などが症状として現れます。

重度の場合は、腸出血や意識障害、難聴を起こすことも。

 

感染経路は人の糞尿に汚染された水、もしくは食品を摂取することです。

また、すでに感染している人との接触により感染することもあるみたいですね。

 

もし、腹痛に血便を伴う症状が現れた場合はただちに病院に直行してください。

 

対策としては...

対策
  • 腸チフスを感染しているかもしれない人との接触を避ける
  • 屋台での食事を控える
  • 下水近くでの水遊びを控える (ソンクラーン中は特に注意が必要です!)

タイ旅行中にかかる可能性がある病気や感染症 -その他-

ここまで、感染症関係と腹痛に関係する病気をいくつか紹介してきました。

ここからは、上記以外で旅行客の方がかかってしまう危険性がある病気をいくつか紹介していこうと思います。

HIV (エイズ)

男性の方であれば、夜遊び目的でタイに旅行される方も少なからずいると思います。

 

ただ、タイが100万人以上のHIV患者を抱えるエイズ大国だということをしっかりと認識して遊びに来るようにしてください。

 

最近では研究が進んでいることにより、HIVの進行を遅らせることが出来るようになっているみたいですが、まだまだ死の危険性が高い病気です。

 

HIVにならない為に出来る対策はすべて行いましょう。

B型肝炎 (HBV)

B型肝炎は他人の血液が体内に入ることによって感染するウイルス性の肝炎です。

 

感染経路は性行為から注射器の使いまわしまで様々。

 

感染すると、微熱程度の発熱、食欲不振、全身倦怠感、悪心・嘔吐などの症状が見られ軽度であれば1か月程度で自然治癒する病気みたいです。

ただ、重度の場合は肝硬変や肝臓がんになる危険性もあるため、自然治癒する病気だからと侮らないようにしましょう。

 

対策としては...

対策
  • 避妊具をしていない状態での性行為を避ける
  • ローカルの病院に掛からない
  • 他人が使ったものを使いまわさないように気を付ける

 

以上が、タイに旅行中罹ってしまうかもしれない感染症や腹痛の原因になります。

スポンサーリンク

 

さいごに

今回はタイへ旅行予定のある方に向けて、旅行中に罹ってしまう危険性がある病気の症状から対策までを紹介しました。

 

今回紹介した病気は少し仰々しいものばかりでしたが、環境の変化に体が追いつけずただの風邪に罹ることもあると思います。

日本から風邪薬を持参しておくと安心ですね。

それに、タイ料理は香辛料がよく効いていることもあり、普通に辛さにやられて腹痛を起こすこともあります。

念のため、整腸剤や下痢止めを持参しておきましょう。

また、以上の病気に罹っている疑いがある場合は出来るだけ病院に行ってほしいのですが、海外保険に入っていない状態で病院に掛かればとんでもない金額を請求されることになります。

 

私の友人は一日入院しただけで治療費と合わせて合計6万バーツ (約21万円) を請求されていました。

 

すべて自己負担となるととても大変だと思うので、タイ旅行の機会に海外旅行用の保険に入るか、旅行保険が付帯しているクレジットカードに入会しておくことをお勧めします。

 

それでは今回の記事をまとめていきますね

この記事のまとめ
  • タイ旅行中は食事や飲料水に気を付けよう
  • 冠水した道路は極力歩かないようにしよう
  • 野良犬には近づかないようにしよう
  • 念のため、氷は食べないようにしよう
  • 感染症予防はしっかりと
  • 他人が使ったかみそりなどの使いまわしは絶対にダメ!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

それでは今回はこの辺で!

 

サワディークラップ!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ