タイの卓上調味料クルアン・プルンについて

f:id:thaihamster:20190628132628j:plain

サワディークラップ!! Thaihamsterです!!

 

タイに来たことがある方なら、誰もが知っているであろう「クルアン・プルン」。

 

タイ料理には欠かせない調味料4種のことを総じて「クルアン・プルン」と言います。

 

ただ、名前を聞いただけではピンとこない方も大勢いるのではないでしょうか?

 

今回はそんなタイ料理の屋台やレストランの卓上に必ず置いてある「クルアン・プルン」についてお話ししていこうと思います。

 

この記事はこんな方におすすめ
  • タイ料理が好きな方
  • タイの調味料に興味がある方
  • クルアン・プルンについて知りたい方

 

タイ料理に欠かせない調味料クルアン・プルンって??

f:id:thaihamster:20190628124714j:plain

出典:livedoorNEWS

タイの屋台やレストランに行けば、必ず置いてある卓上調味料「クルアン・プルン」

 

タイに旅行したことがある方なら一度は目にしたことがあるんではないでしょうか?

 

クルアン・プルンとは計4種類の調味料の総称となっており、

  • プリック・ポン (粉唐辛子)
  • プリック・ナムソム (唐辛子入り蒸留酢)
  • ナムターン (グラニュー糖)
  • プリック・ナンプラー (唐辛子入り魚醤)

のこと。

 

また、それぞれ役割があり、

  • プリックポン     = 辛味担当
  • プリック・ナムソム  = 酸味担当
  • ナムター       = 甘味担当
  • プリック・ナンプラー = 塩味担当

となっています。

 

タイ人はとても”味変”が好きなため、料理がサーブされるとすぐに元の味付けを確認せず、この「クルアン・プルン」を思い思いに投入します。

 

入れる量も尋常ではなく、

「そんなに入れたら、もう調味料の味だよ!」

ってくらいに入れます。

 

”酸味”、”辛味”、”甘味”が特に好きなタイ人にとって、タイ料理の必需品と言っても過言ではない存在が「クルアン・プルン」なんです。

クルアン・プルンはどんな料理に入れるの?

f:id:thaihamster:20190628134717j:plain

タイの調味料、クルアン・プルンは基本的にどこの屋台やレストランでも置かれていますが、全てのタイ料理に使われるわけではありません。

 

主に、元の味が薄めで作られている麺類 (クイティアオ)やおかゆ (ジョークやカオトム) に入れられることが多いです。

 

ちなみにこちらの記事にて、タイの朝ごはんをいくつか紹介しています。タイ旅行中にホテルのバイキング以外の朝食が食べたいなと思う方は是非ご一読ください。

 

 

日本ではお店で出された料理に調味料をドバドバかけるのは少し気が引けると思うのですが、タイ旅行に来た際はそのような感覚を捨てて自分好みの味変を楽しんでくださいね。

さいごに

今回はタイの屋台やレストランには必ず置いてある卓上調味料「クルアン・プルン」の紹介をしました。

 

タイには本当に東南アジア独特の調味料がたくさんあります。

エスニック料理好きにはたまらないものから、タイ料理が苦手な方でも抵抗なく食べられるものまで様々です。

 

こちらの記事にてエスニック料理が大好きな方に向けた上級者向けのおすすめタイ料理と、タイ料理が苦手な方に向けた癖が全くないタイ料理を紹介しています。

タイに旅行予定のある方は是非ご一読ください。

 

 

それではこちらの記事をまとめていきます。

この記事のまとめ
  • クルアン・プルンとはタイの伝統的な調味料のこと
  • 屋台やレストランの卓上には必ずと言っていいほど置いてある
  • 粉唐辛子、蒸留酢、砂糖、魚醤を合わせてクルアン・プルン!
  • 主に麺類やおかゆに使われる

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

それでは今回はこの辺で!

 

サワディークラップ!!

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ