タイログ-Thailog-

タイに旅行で来るなら日本で買えるAISのSIMカード「Traveller SIM」が絶対的におすすめ!!

f:id:thaihamster:20190627122918j:plain

サワディークラップ!! Thaihamsterです!!

 

タイに旅行で来る前に確保しておきたいのが、現地でのネット環境。

 

特にバンコクでは、ほとんどのホテルやデパートなどにwifiが設置されているということもあり、ネットに困ることはないと思います。

 

しかし、建物から一歩出ればまた別の話。

 

急遽、調べたいものがあった場合にネットが使えないというのはとても不便だと思います。

(目的地までのアクセス方法や道案内などはもちろんネットがないとわからないですよね)

また、旅行中万が一トラブルに巻き込まれた際に、すぐ連絡が出来ないのは結構危険です。

 

そんなわけで今回は、タイに旅行予定のある方や、中期でタイに滞在予定のある方に向けて、

日本で買える超おすすめのSIMカード「Traveller SIM」を紹介していこうと思います。

 

この記事はこんな方におすすめ
  • タイ旅行中にネット環境を確保したい方
  • 日本で買えるSIMカードを探している方
  • 旅行中でも出来るだけ高速のインターネットを使用したい方 

SIMフリーのスマホをお持ちでない場合はレンタルwifiの検討を!

今回紹介する「Traveller SIM」は、SIMロックが解除されたスマートフォンにのみ使用することが出来ます。

 

スマホの購入場所がauやドコモ、ソフトバンクで、尚且つそのスマホを分割で購入している場合は、購入日から101日以上が経過しないとSIMロックの解除を受け付けてくれません。

 

ただし、機種代を一括で支払っている場合、もしくは分割でも機種代を支払い済みの場合は関係なくSIMロック解除をしてくれるみたいです。

 

SIMロック解除に関しては、手続きが必要なことに加え、いくつか条件があるため、面倒だなと感じた方はレンタルwifiを利用することをおすすめします。

 

イモトのWiFi であれば、一日当たり680円からレンタルすることが出来るので、日本の携帯キャリアの国際ローミングプランより費用をだいぶ安く抑えることが出来ます。

 

SIMフリーのスマホをお持ちでない場合は、タイ旅行にレンタルwifiを検討してみてはいかがでしょうか?

AISのTraveller SIMって??

Traveller SImとは、タイの携帯キャリア最大手であるAISにより販売されている短期から中期旅行者向けのSIMカードのこと。

 

種類は二つあり

Traveller SIM
  • 8日間のデータ通信3GB分と100バーツ分の無料通話付き

 

  • 15日間のデータ通信6GB分と100バーツ分の無料通話付き

ちなみに、100バーツ分の無料通話を時間に換算すると...

国際電話 (タイから日本への通話) の場合 = 約16分 (100/6バーツ)

国内電話 (タイ国内への通話)の場合         = 約100分 (100/1バーツ)

となります。

 

電話をかけることになるといっても、主に日本大使館や病院などの公的機関になると思うので、これだけの時間通話ができるのであれば十分ではないでしょうか。

 

また、もし3GB分、もしくは6GB分の通信料を超えてしまった場合でも、上記の期間内 (8日間、もしくは15日間) であれば、384kbsでの通信が継続するため、簡単な調べ物やGoogle MAPの使用、LINEの返信程度であればなんのストレスもないと思います。

 

そして、こちらのSIMカードのすごいところが、タイの電話番号を付与してくれるところ。

そのため、現地の電話番号を入力しなければ受けられないサービス (SMSの電話番号認証) などでも活躍してくれます。

 

それでは、これほどまでに便利なAISの「Traveller SIM」。

一体値段はいくらなのでしょうか??

Traveller SIMの値段

こちらが日本のAmazonでの「Traveller SIM」の値段になります。

f:id:thaihamster:20190619171306j:plain
f:id:thaihamster:20190619171530j:plain
Price
  • 8日間3GBのSIMカードは¥430
  • 15日間6GBのSIMカードは¥2,580

です。

結構値段に差がありますね。

 

これなら、8日間3GBのものを二枚買ったほうが全然お得なような気が。。

 

ちなみに、タイの空港 (スワナプーム空港やドンムアン空港) で購入すると...

8日間3GBのSIMカードは299バーツ (約1,036円)

15日間6GBのSIMカードは599バーツ (約2,078円)

です。

 

15日間6GBのSIMカードが欲しい場合は現地で購入するほうがいいですが、8日間3GBのSIMカードの場合は絶対に日本で購入したほうがいいですね。

 

また別記事で、スワナプーム空港とドンムアン空港でのTraveller SIMカードの購入場所や購入方法などを紹介していこうと思います!

Traveller SIMの設定方法を解説!

それでは、Traveller SIMの使い方を解説していこうと思います。

 

一応注意点として、こちらのSIMカードはタイ国内専用です。

タイ国内に到着してから、スマホに挿入して下記の手順通り設定していってください。

Traveller SIMをiPhoneで使用する場合

iPhoneでTraveller SIMを使用する場合は特に設定はいりません。

 

一つ注意点があるとすれば、Traveller SIMにはSIMカードを取り出すために必要な”ピン”が付属していないことくらいです。

 

iPhone購入時に付属しているピンが残っていればいいのですが、もし無くしてしまっていた場合はAmazonで100円程度で購入できます。

また、タイでSIMカードを入れ替えるため、旅行中に日本のSIMカードをなくしてしまわないか不安になる方もいると思います。

そんな時SIMカード専用の保管ケースなんかもあれば便利ですよね。

SIMカードを入れ替えた後に、いくつかSMSのメッセージを受信すると思うのですが、特に重要なものはないので無視でいいです。

Traveller SIMをAndroidで使用する場合

Androidで使用する場合はiPhoneと違い、ちょっとしたAPNの設定をしなければいけません。

それが以下の通りです。

APN設定

名前:internet

APN:internet

ユーザー名:なし

パスワード:なし

認証方式:CHAP

Androidの場合もiPhoneと同様に、SIMカードの入れ替え後、いくつかSMSメッセージが届くと思いますが無視でいいです。

 

以上がiPhone、もしくはAndroidでの「Traveller SIM」の設定方法でした。

SIMカードを入れ替えてから、約1分でタイの電波を受信するようになると思います。

さいごに

今回はタイへ旅行予定のある方や、中期以上でタイに滞在する予定のある方に向けて、日本で買える超便利なおすすめSIMカード「Traveller SIM」を紹介しました。

 

冒頭でもお話しした通り、こちらのSIMカードはSIMロックが解除されたスマートフォンにしか使えません。

SIMロック解除の手続きが面倒だなと感じる方はイモトのWiFi を利用することをお勧めします。

 

また、設定方法などでわからないところがありましたらコメント欄で教えていただければ幸いです。

 

前もって準備 (日本で購入) しておくことで、旅行中の快適なネット環境が確保出来ることに加え、現地で慌てて購入するより半額以下の値段に抑えることが出来ます。

(8日間3GBの場合)

 

快適なタイ旅行にするためや、自身の安全のためにも、「Traveller SIM」カードを日本で購入しておくことをおすすめします!!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

それでは今回はこの辺で!

 

サワディークラップ!!

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ