【2019年最新情報】タイで英語は通じるの?通じない場合の対処法まで徹底解説!

f:id:thaihamster:20190817205628j:plain

サワディークラップ!! タイハムです!!

旅行者の方にとって、タイで英語が通じるのかどうかは気になるところですよね。

 

ご存知の方は多いと思いますが、タイは公用語がタイ語です。

 

そのため、英語が通じるところはかなり限られています。

 

今回は、タイに旅行予定のある方に向けて、旅行中に英語で会話ができるのか、またシチュエーション別に現地の人たちはどれほどの英語力があるのかお話ししていこうと思います。

 

通じなかった場合の対処法も紹介するので、是非最後までお付き合いくださいね!

この記事はこんな方におすすめ
  • 旅行予定のある方
  • 英語が通じるのかどうか知りたい方
  • 旅行中のどのようなシチュエーションで通じる or 通じないのか知りたい方
  • 通じなかった場合の対処法が知りたい方

*当記事は2019年8月17日に編集 & 再投稿されました*

スポンサーリンク

 

タイって英語が通じるの!?

f:id:thaihamster:20190817210405j:plain

結論から言うと、「通じるところは通じるけど、通じたとしてもかなり限定的な会話しかできない」になります。

 

冒頭でもお話しした通り、タイの公用語はタイ語です。

そのため、現地の方たちは日常的に英語を使っているわけではありません。

 

印象で言えば、「日本の英語力 (スピーキング力) とさほど変わらない」といったところでしょうか。

ちなみに、世界各国の英語力をランク付けしている「EF EPI」の調査によれば、タイの英語力は64位となります。

(日本は49位です)

EF EPI 2018 – EF 英語能力指数

 

以上のソースから見ても、あまり英語力に関しては期待しない方がいいかもしれませんね。

タイの英語力をシチュエーション別に解説してみた!

f:id:thaihamster:20190817210600j:plain

先ほど、タイの英語力は高くないとお話ししましたが、もちろん場所によっては英語が通じる場合もあります。

それでは、どのようなシチュエーションで英語が通じるのかお話ししていきますね。

空港

来タイされる方のほとんどが利用する空港。

職員の方や入国審査官は、日常会話レベルの英語を話すことができます。

 

そのため、英語に自信がある方であれば、意思の疎通に関しては問題ないでしょう。

 

また、もし英語に自信がない場合でも、事前準備さえしっかりしておけば、コミュニケーションを取る必要が無くなります。

以下の記事にて、入国審査の流れや、入国審査官に最も突っ込まれるシチュエーションである「出入国カードの記載不備」を無くすための”正しい書き方”をまとめています。

旅行前の予備知識として是非あわせてお読みください。

ホテル

ほとんどのホテルの従業員の方は、日常会話レベルであれば英語を話すことができると思います。

ただ、ゲストハウスなどの安い宿に宿泊した場合は、タイ語しか通じない場合がほとんどだと思いますので、しっかりとした対策が必要です。

 

また、英語・タイ語ともに自信がない方であれば、日本人が多くいるエリア (プロンポンやトンロー周辺) のホテルに宿泊することをおすすめします。

 

というのも、その様なエリアのホテルには日本語が話せるスタッフが常駐しているため、「ちゃんとコミュニケーションが取れるか心配...」という方にピッタリです。

➡ プロンポンエリア周辺のホテルをHotels.comで見てみる

➡ プロンポンエリア周辺のホテルをagodaで見てみる

➡ プロンポンエリア周辺のホテルをBooking.comで見てみる

レストラン・食事処

高級なレストランや日本食レストラン、洋食レストラン以外のローカルレストランや屋台では英語が通じません。

そのため、しっかりとした対策が必要になってくると思います。

 

ちなみに、プロンポンエリアなどの日本人が多く住んでいるエリアにあるレストランでは日本語のメニューを置いていたりするので、英語・タイ語ともに自信がないという方は、プロンポンエリア周辺にて食事することをおすすめしますよ。

➡ バンコクのレストランをグルヤクで予約する

公共交通機関 (BTS・地下鉄・路線バス)

公共交通機関で働いている方は、基本的に英語が話せません。

そのため、しっかりと準備をして旅行に臨むようにしましょう。

 

旅行前にできる対策としては、BTSやMRTの乗り方や路線図などをある程度頭にいれておくこと。

そこまで複雑ではないので、すんなりと覚えられると思います。

以下の記事にて、BTSの乗り方や路線図、また料金などを紹介しているので、タイに旅行予定のある方は是非あわせてお読みください。

タクシー・トゥクトゥク

タクシー・トゥクトゥクの運転手も基本的には英語を話すことができません。

そのため、しっかりとした対策が必要になってくると思います。

 

できる対策としては、

女性におすすめの服装
  • ホテルや目的地などの住所を携帯にメモをしておく
  • タクシーで使えるタイ語をある程度覚えておく
  • 指差し会話帳を準備、もしくは翻訳アプリをダウンロードしておく (詳しくは後述しています)

ちなみに例外として、観光地周辺、もしくは空港近くにいるタクシーはある程度の英語を話すことが出来ます。

ただ、特に観光地近くで客引きをしているタクシーは、ぼったくってくる可能性がかなり高いので注意が必要です。

以下の記事にて、危険なタクシーやぼったくりタクシーの見分け方を紹介しています。

 

また、英語・タイ語共に自信がない方であれば、配車アプリ「Grab」の利用をおすすめしますよ。

現在地、目的地の入力から支払いまでをすべてアプリで完結させることが出来るため、乗車時にコミュニケーションを取る必要が全くなくなります。

*アプリ上で支払いを済ませるためには、クレジットカード、もしくはデビットカードの情報を登録する必要があります*

Grab App

Grab App

Grab.com無料posted withアプリーチ

以下の記事にて、Grabの詳しい登録方法や使い方をまとめています。

タイ旅行前に必ずダウンロードしていただきたいアプリになりますので、是非あわせてお読みください。

ATM

旅行客の方の中でも現金が足りなくなり、急遽「現地のATMを使用しなければならなくなった」なんて事があるのではないでしょうか?

 

バンコク市内にあるATMの中には、日本語表記に変更できるもの (黄色のATMはすべて日本語表記に対応しています) もあるのですが、ほとんどのものは、タイ語、もしくは英語表記になります。

 

そのため、金融関係の英語に自信がない方は、旅行前に調べておいて使い方などをメモしておきましょう。

ショッピングモール・コンビニ

バンコク都心部にあるショッピングモールと言えど、お店によって英語が通じるお店とそうでないお店があるといった印象です。

そのため、「基本的には通じない」と認識しておいた方がいいと思います。

 

また、コンビニはそれ以上に英語が通じないと思っておいた方がいいでしょう。

観光地

有名な観光地であれば、簡単な英語での会話が可能だと思います。

ただ、基本的には通じないと思っておいた方がいいと思います。

 

そのため、これから紹介する対策を講じることをおすすめしますよ。

タイ旅行で英語が通じない・できない場合の対策って?

f:id:thaihamster:20190806124036j:plain

それでは、タイ旅行中に英語が通じなかった場合、もしくは英語に自信がない方にしていただきたい対策をいくつか紹介していこうと思います。

タイ語版の指さし会話帳を準備しておく

英語が通じなかった場合は、タイ語でコミュニケーションを取るしかありません。

ただ、旅行客の多くがタイ語を喋れるはずがありませんよね。

 

そんな時に便利なのが、指さし会話帳【タイ語版】

基本的な日常会話を網羅しているのはもちろんのこと、文や単語を指でさしながら見せるだけで会話することが出来るという優れもの。

 

「発音が違ったみたいで伝わらなかった。泣」

ということにはならないのが最大の魅力ですね。

 

Google翻訳をスマホにインストールしておく

「複数回タイに行く予定はないし、わざわざ本を買うのは少し面倒くさい...」

と思われている方であれば、せめて翻訳アプリの「Google翻訳」はスマホにインストールしておくようにしましょう。

 

年々、翻訳精度が上がっており、ある程度の日常会話であればそつなくこなせると思います。

 

ちなみに、翻訳アプリ以外にもタイ旅行前にインストールしておいて欲しいアプリがいくつかあります。

あればどれも役に立つものばかりなので、下記の記事を参考にインストールしていただければ幸いです。

ツアーを利用してタイ旅行をする

特に、タイ初心者の方や英語があまり得意ではない方におすすめしたいのが、「ツアーを利用する」という対策。

 

先ほどもお話しした通り、タイの公用語はタイ語です。

そのため、現地の人たちの英語力に関しては、そこまで期待は持てません。

 

それも踏まえ例えば、バンコク郊外 (プーケットやホアヒンなど) にまで足を運ぶとなると、「コミュニケーションに不安がある」という状態は余計に心細くなると思いますし、そんな状態でタイ旅行を楽しいものにするというのはなかなか難しいですよね。

 

そのため、そのような不安を初めから抱かない為にも「ツアーを利用して旅行をする」という選択を取るのは賢明だと思いますよ。

 

そこで、数あるツアー会社の中から特におすすめしたいのが業界最大手であるJTBの海外ツアー

価格帯は他の格安ツアー会社のものに比べると高めではありますが、その分安心、安全かつ、高いクオリティ (ホテルのグレードや食事のクオリティーなど) が保証されています。

「やっぱりツアーを利用して旅行するなら、安心が一番!」という方にはうってつけのツアー会社だと思います。

 

逆に、「タイ初心者だから出来ればツアーを利用したいけど、可能な限り旅費を安めに抑えたい...」という方であれば、HISの海外ツアーがおすすめです。

 

普段から安いのはもちろんのこと、セールの時期などは特に格安になります。

また、ほとんどの渡航先に支店 (もちろんタイにもあります) があるため、何かトラブルが起きたとしても、日本語でサポートが受けられるのはありがたいですよね。

 

旅費を出来るだけ抑えたい方にはHISの海外ツアーが特におすすめですよ!

➡︎ JTBのウェブサイトでタイ旅行ツアーを検索してみる

➡︎ HISのウェブサイトでタイ旅行ツアーを検索してみる

スポンサーリンク

 

さいごに

今回はタイへ旅行予定のある方に向けて、タイで英語が通じるのかどうかについてやシチュエーションごとに現地の人たちがどれ程の英語力なのかを紹介するとともに、通じなかった場合の対策を紹介しました。

 

タイは英語力が高い国ではないため、旅行前にある程度の準備が必要になってくるといった感じです。

 

そのため、日本人が多くいるエリアに滞在したり、食事をしたりすることでより安心かつ満足度の高い旅行にすることができるかもしれませんね。

 

また、初心者の方であればツアーを利用するといのも一つの手だと思いますよ。

 

それでは今回の記事をまとめていこうと思います。

この記事のまとめ
  • タイは英語力が高い国ではない!
  • シチュエーションによっては英語が通じる場合もあるよ!
  • 通じなかった場合も考慮して、しっかりと準備をして旅行に臨もう!
  • タイ旅行初心者の方であれば、ツアーを利用するというのも一つの手!

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

 

それでは今回はこの辺で!

 

サワディークラップ!!

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ