電子タバコ (IQOSなど) のタイへの持ち込みについて-

サワディークラップ!!Thaihamsterです!!

 

今回はタイに電子タバコを持ち込んでも大丈夫なのかどうかに関してお話しさせていただきます!!

 

タイに旅行される方で何の気なしに普段日本で使っているものをタイに持ち込まれる方も多いと思います。

 

ただ、それが楽しいタイ旅行を最悪のモノに変えてしまうきっかけになってしまったりもするのです。。。

タイに電子タバコって持ち込んでもいいの??

f:id:thaihamster:20190307125040j:plain

 

結論から言いますと...

 

タイでは電子タバコをはじめ、加熱式のタバコ全般のタイへの持ち込みを禁止しております。

 

タイに旅行された方でたばこを吸われる方はご存知かもしれませんが、タイでは紙巻きたばこのパッケージにすら衝撃的な絵をプリントしていて、購買意欲を削ごうとしていおり、国民のタバコに対するイメージを悪くしようとしています。

 

また、タイでタバコを買おうと思い、コンビニ (セブンイレブンなど) に行かれた方は日本との違いに驚かれたと思います。

 

なんと!!!

タイのコンビニでは買わないお客さんに見えないようにタバコケースは普段シャッターで閉められているのです。

 

友人がタイに旅行に来た時にタバコがコンビニに置いていないとあたふたしていたこともありました。笑

 

タイでタバコを買うのは、初めてタイに旅行で来られた方には少し難易度が高いかもしれませんね。泣

もしもタイに電子タバコを持ち込んでしまった場合は??

もしもタイに電子タバコを持ち込んでしまった場合は重い処罰の対象になってしまいます。

その処罰の内容とは...

 

加熱式タバコを含む、電子タバコの所持は最大50万バーツ (約175万円) もしくは最大10年の懲役刑に科せられる可能性があります。

 

もちろん、持ち込んだ電子タバコは没収され処分されてしまいます。

 

また余談ですが、紙巻きたばこであっても許可されていない場所 (喫煙スペース以外) での喫煙も処罰の対象となり、最大10万バーツ (約35万円) 、もしくは最大1年の懲役刑に科せられる可能性があります。

 

くれぐれもタイに旅行する際に電子タバコ (IQOSやブルームテックなど) を持ち込んだり、紙巻きたばこであっても許可されていない場所での喫煙は控えましょう。

 

まとめ

今回はタイへ旅行する際に電子タバコを持ち込んでも大丈夫なのかどうかに関してのお話をさせていただきました。

 

楽しいタイ旅行にするためにも、くれぐれも電子タバコをタイに持ち込むことのないようにしましょう!!

 

また、喫煙スペース以外での喫煙も絶対にダメですよ!!!

 

そうすれば、とても楽しいタイ旅行になること間違いなしです!!!

 

それでは今回はこの辺で!!

 

サワディークラップ!!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ