エスニック料理が好きすぎる人のためのおすすめタイ料理 -上級編-

サワディークラップ!! Thaihamsterです!!

 

いよいよ今日で平成が終わってしまいますね!

令和という元号が発表されたときは、「早く変わらないかな」なんてうきうきしていたのですが、今は平成に対しての名残惜しさがすごいです。笑

 

ちなみに!

タイも5月1日は新しい王様、ラマ10世の戴冠式があるので休日となっています!

両国同時にお祝い事があるのはなんだか嬉しいですね!

 

また、平成最後の記念すべき日にブログを通じて皆さんにご挨拶できることをとても嬉しく思います。

ここまで続けてこれたのも、いつも読んでくださる読者様のおかげです。

本当にありがとうございます。

令和になってもタイログ-Thailog-ならびにThaihamsterをよろしくお願いします!

 

っと皆さんに対しての感謝の思いを綴ったところで今回は!

 

以前の記事の最終編ということで

 

「エスニック料理が好きすぎてたまらない!!」

 

という方や

 

「タイに10回以上行ったことがあるから大体のタイ料理なら食べれると思う」

 

という方に向けて!

 

タイ在住者がおすすめする

エスニック料理が好きすぎる人のための絶品タイ料理!!

をいくつか紹介していこうと思います!

 

それでは今回も張り切っていきましょう!!

*ちなみに「タイ料理があまり得意ではない」という方や、「ある程度食べられるけど上級編はきついな」という方はこちらの記事がおすすめです。是非ご一読ください!

 

 

 

 

エスニック料理が好きすぎる人のためのおすすめタイ料理 -上級編-

f:id:thaihamster:20190430131557j:plain

毎年多くの観光客で賑わうタイ。

 

観光大国のタイでは有名な観光地を回ったり、タイならではのアクテビティーを満喫したりといろいろな楽しみ方があるのですが、そんな中でも”タイ料理”を楽しみに来る観光客の方も多くいます。

 

今回はそんな多くの観光客の方を惹きつけて止まない、少し癖のある絶品タイ料理をいくつか紹介していこうと思います!

スポンサーリンク

 

 

ソムタム・プーパラー

f:id:thaihamster:20190430125819j:plain

まず初めに紹介するのは、以前の記事でも紹介したソムタムタイの上級者版

ソムタム・プーパラーです!

 

ソムタム・プーパラーとは、タイはイーサーン地方でよく食べられるソムタムになり、「プー」とは生身の沢蟹のこと、「パラー」とは魚を塩漬けして発酵させたものになります。

 

基本的な作り方は以前の記事で紹介したソムタムタイの作り方と同じなのですが、そこにプラスして沢蟹の「プー」と魚を塩漬けして発酵させた際に出てきた汁を足して混ぜ合わせる形になります。

 

そして、こちらのソムタム・プーパラーの特徴はなんといってもその匂いと塩辛さ!!

 

密室で食そうものなら一分で部屋全体がソムタム・プーパラーの匂いに侵されてしまいます。笑

(多分この匂いが苦手な人は窒息してしまうかも。笑)

 

匂いの種類を詳細には説明し難いのですが、魚を発酵させたものなので、生臭い匂いを想像していただけるとわかりやすいと思います。笑

 

ただ!

日本で言えば納豆やくさやみたいに臭いもの程病みつきになる美味しさがありますよね!

このソムタム・プーパラーも同じで匂いが臭ければ臭いほど、病みつきになる旨味と塩辛さがある料理になっています。

 

しかし、私の知り合いでこのソムタム・プーパラーを好んで食べる日本人は私含め2人しか知りません。笑

 

また、タイ人の方に

「この料理が好きなんです!」

と伝えると、

「タイ人の私/僕も苦手なのによく食べれるね!」と言われるほどの料理となります。笑

 

あと、ソムタム・プーパラーを食べる際の注意点になるのですが、

材料に使用される沢蟹には寄生虫がいることもあるらしく、沢蟹の身などを食べると食中毒になってしまうこともあるそうです。

(さすがに私も沢蟹の身は食べたことがありません。笑)

 

なのでもし食べる機会があっても沢蟹だけには箸をつけないようにしてください!

(ちなみに私はこのソムタム・プーパラーでお腹を壊したことはないので、基本的に大丈夫だと思います!)

 

 

そんな少し危険で病みつきになること間違いなしのソムタム・プーパラーを現地でトライしてみてはいかがでしょうか??

*もしお腹を壊しても責任は取りかねますので、ご了承ください*

 

スポンサーリンク

 

クンテン

f:id:thaihamster:20190430130044j:plain

出典:https://blogs.yahoo.co.jp/amarinnitibhon/54469724.html

お次に紹介するのが、これまたイーサーン地方で人気の料理!

クンテンになります!

 

こちらのクンテンはイーサーン地方でよく食されている料理となっており、以前の記事で紹介した「ラープ」の味付けで調理されます。

 

”クン”は”エビ”、”テン”は”踊る”という意味で、読んで字のごとくエビの踊り食いになっております!

 

お店によるのですが、新鮮な川エビを扱っているお店や屋台などでは、調理後もまだ生きており、口に運んだあともまだ口の中ではね続けているなんてこともあります。

(その時エビの触角が口に刺さって痛いこともあります。笑)

 

見た目的にはすこしゲテモノ料理感がありますが味は抜群で、ラープの酸っぱ辛い味付けと、川エビのほんのりとした甘みがとんでもなくマッチする一品となっております。

 

また先ほどのソムタム・プーパラーと比べて生臭さも全くなく、食べてみたら

「意外と美味しいじゃんこれ!」

といった感想が出ること間違いなしです!

 

あのホリエモンこと堀江貴文さんも一押しのクンテンを是非タイでお試しあれ!

 

*ちなみにこちらが参考動画となっております!

興味がある方は是非ご覧ください!


チェンマイ北部郊外にあるホワイトゥンタオの名物、クンテンの食べ方

 

まとめ

今回はタイ料理上級者編として2つのタイ料理を紹介しました!

 

実はこの二品以外にもたくさん紹介したい上級者向けのタイ料理があったのですが、長くなってしまうため、上級者向けのタイ料理はいくつかの記事に分割して紹介していこうと思います!

 

書いている最中に涎が出てきてしまう程、大好きなタイ料理になるのですが、タイ料理が苦手な方にとっては少し刺激が強い内容になってしまったかもしれませんね。。。

 

私もまだまだ知らないタイ料理はたくさんあるので、皆さんが思う絶品タイ料理などをコメント欄にて教えていただければ幸いです!

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!!

 

それでは今回はこの辺で...

 

サワディークラップ!!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ