タイログ-Thailog-

学生やバックパッカーの方におすすめ! 直行便でバンコクに行けるLCCまとめ

サワディークラップ!! Thaihamsterです!!

 

皆さん、飛行機でタイに行かれる方がほとんどだと思うのですが、その際何を基準に航空会社を選ばれているでしょうか??

 

安全性??

 

料金??

 

時間??

 

サービス??

きっと人により航空会社を選ぶ基準は様々だと思います。

 

今回は!

 

学生やバックパッカーの方で、出来るだけ安めにタイに旅行に行きたいという方に向けて!

 

タイ、日本間で直行便を運航しているお勧めのLCC航空会社!!

 

をいくつか紹介していこうと思います!!!

 

それでは今回も張り切っていきましょう!!

 

スポンサーリンク

 

タイへ直行便が就航している航空会社って何社くらいあるの??

f:id:thaihamster:20190426153140j:plain

まず初めに直行便でタイへ就航している航空会社がいったい何社ぐらいあるのかお話ししていこうと思います!

 

ズバリ!

LCCだけで4社!!

フルコストキャリアも含めるとその数なんと7社もあるんです!!

(もうLCCの方がフルコストキャリアの数を上回っているんですね。笑)

 

私がタイへ初めて来た際 (6年前くらい) はLCCなど存在もしていなかったので、今はこんなに多くのLCC会社がタイ行きの直行便を運航していることに驚きました。笑

 

それでは早速私がお勧めする、タイ行きの直行便を運航している航空会社を紹介していきますね!

 

エアアジア (Airasia)

f:id:thaihamster:20190426153448p:plain

出典:Airasia

まず初めに紹介するのは、LCCの航空会社で初めて日本とタイの直行便運航を開始した

Airasiaです!!

 

Airasiaはマレーシアで設立された格安航空会社で、クアラルンプール国際空港を本拠地に置き、主に東南アジアを中心に世界各国に就航しているLCCとなります。

 

エアアジアの魅力は何といってもその便数運賃の手ごろさ

 

日本間での直行便の多さは他のLCC航空会社とは一線を画しています。

なので、タイ旅行のスケジュールなどをもっとも柔軟に決めることが出来るのが一番のポイントではないでしょうか!!

 

直行便は東京 (成田)、大阪(関空)、名古屋(中部)から運航しており、東京・成田からは3便、大阪・関空からは2便、そして名古屋(中部)からは1便毎日運航しています。

また、到着空港はすべてドンムアン国際空港となっております。

 

タイ・バンコクには他にもスワナプーム国際空港があるのですが、スワナプームよりバンコク都市部に近く、すぐにホテルや観光に行きたい方はドンムアン空港の方が便利でお勧めです!

 

ただ、デメリットとしては、スワナプーム空港の方が築年数が浅いこともあり綺麗なのに対して、ドンムアン空港はそれなりに年季が入った見た目になっています。笑

 

なので空港で少しのんびりしたいという方にはあまり向いていないかもしれませんね。。

スポンサーリンク

 

 

運賃と運行時間 (2019年5月時点、6月1日の運賃)

*5月はゴールデンウィークがあるため、航空券の値段が異常に跳ね上がっています。なので今回紹介する料金は6月にタイへ行く場合の参考価格となります。ご了承ください。

東京・成田 to バンコク・ドンムアン

(所要時間約6時間45分)

 

時間

運賃

9:15 → 14:00

15,050円

14:25 → 19:10

25,720円

20:40 → 1:20(+1)

25,720円

 

大阪・関空 to バンコク・ドンムアン

(所要時間約6時間)

 

時間

運賃

9:50 →13:50

12,518円

23:55 → 3:50(+1)

15,050円

名古屋・中部 to バンコク・ドンムアン

(所要時間約6時間5分)

 

時間

運賃

9:00 →13:05

13,050円

 *すべて片道の運賃になります。また預け荷物代などの料金は含まれていません*

 

レーティング

(筆者の独断と偏見で勝手に決めたレートになります。実際利用してみて「私が感じたのと全然違う」ってなってもお許しください。泣)

 

料金      ★★★★☆

機内食     ★★★★☆

安全性     ★★★☆☆

サービス    ★★★☆☆

席の間隔    ★★★☆☆

トラブル発生率 ★★☆☆☆

 

基本的にすべての要素で他のLCC航空会社と比べて標準以上な気がします。

有料ではあるものの機内食もなかなか美味しいですからね!

 

ちなみに飲料水もすべて有料となっているため機内で購入するより、空港の出国/入国管理局を通った先にある免税店などで購入したほうが安く済んで良いと思います。

 

また安全性のレートに関してなのですが、機体が小さいこともあり、揺れは他の航空会社より大きい気がします。

私は飛行機恐怖症ではないのであまり気にはならないのですが、友人はダメみたいです。笑

 

なので、揺れが特に気になる方はエアアジアは向いていないかもしれません。。

 

席の間隔は可もなく不可もなくといった感じです。

ただ!

フルコストキャリア(ANAやJAL)と比べると結構狭く感じると思いますが、あくまでLCC航空会社での比較ということなのでお忘れなく。笑

 

私は日本に帰るたびにエアアジアを利用しているので、計10回以上は利用しているのですが、特に遅延などのトラブルに遭遇したことは一度もありません。

 

ただ、友人などの話を聞くとしょっちゅう遅延の被害にあっているみたいなので、トラブル発生率のレートは2にさせてもらいました。

(単純にその友人がついていないだけかもしれませんが。笑)

 

またLCC会社の最大手ということもあり、プロモーションなどで運賃が50%オフになるなんてことも結構あります。

 

そういうタイミングを見逃さなければ最もお得なタイ旅行を実現できると思いますので、タイ旅行に行く予定がない時でもたまにウェブサイトなどを確認しておくことをお勧めします!!

 

LCC最大手のエアアジアで快適な空の旅を楽しみながら、タイへ旅行してみませんか??

 

 

ノックスクート (Nok Scoot)

f:id:thaihamster:20190426154259j:plain

出典:スカイスキャナー

お次に紹介するのは、2018年よりタイ行き直行便の運航を開始した、まだ設立したてほやほやのノックスクートです!!

 

こちらのノックスクートは2018年6月1日の東京・成田発のタイ行き直行便開設を皮切りに、2018年10月29日からは大阪・関空発のタイ行き直行便も運航を開始した今乗りに乗っている格安航空会社になります。

 

本拠地はタイのドンムアン国際空港になり、こちらのノックスクートも先ほどのエアアジアと同様に到着地はドンムアン国際空港となります。

 

ノックスクートの魅力は何といっても所持している保有機の種類で、なんとJALやユナイテッド航空なども保有している、ボーイング 777-200ERという超大型ジャンボジェット機になります。

客席数は驚異の415席で、他のLCC航空会社には類を見ない快適さが実現されています。

 

それではそんなノックスクートの運賃と運行時間を見ていきましょう!! 

運賃と運行時間 (2019年5月時点、6月1日の運賃)

東京・成田 to バンコク・ドンムアン

(所要時間約6時間45分)

 

時間

運賃

10:05 → 15:00

16,084円

13:55 → 18:25

13,584円

 

大阪・関空 to バンコク・ドンムアン

(所要時間約5時間40分)

 

時間

運賃

8:30→ 12:10

14,014円

*すべて片道の運賃になります。また預け荷物代などの料金は含まれていません*

レーティング

(筆者の独断と偏見で勝手に決めたレートになります。実際利用してみて「私のと全然違う」ってなってもお許しください。泣)

 

料金      ★★★☆☆

機内食     ★★★☆☆

安全性     ★★★★★

サービス    ★★★☆☆

席の間隔    ★★★★★

トラブル発生率 ★★★★☆

 

通常の運賃に関しては先ほどのエアアジアと比べても大した差はないのですが、エアアジアのプロモーションの実施率とディスカウント率を加味して、一つ星を減らす形になりました。

 

機内食に関してはエアアジアよりもメニューが少なく、メニューの刷新率が悪いためこのレートにさせていただきました。

ただ!

他の航空会社と比べても味は美味しい方だと思います!

 

安産性に関しては先ほどもお話しした通り、フルコストキャリアのJALやユナイテッド航空も使用しているボーイング 777-200ERを使用していることから、他のLCC航空会社よりは断然安全だと思います。

 

サービスは可もなく不可もなくといった感じです。。

特別良いということもなければ、悪いということもなかったです。

 

使用している機体がジャンボジェットなので、席と席の間隔が他のLCCと比べてとても広いです!!そして私がノックスクートで最もお勧めしたいポイントがその”快適さ”!!

 

「安く行きたいけどLCCのあの窮屈な感じがどうしても嫌だー」

という方にノックスクートはぴったりだと思います!

 

LCC随一の快適さを誇るノックスクートで安心安全な空の旅を楽しんでみてはいかがでしょうか??

 

まとめ

今回は私がお勧めするLCCの格安航空会社を2社紹介しました!

 

エアアジアは”就航便の数”とプロモーションによる”運賃の大幅値下げ”がおすすめポイントで、ノックスクートはジャンボジェットだから実現できた”快適さ””安全性”が強みとなっています。

 

どちらを選ぶかはどのようなタイ旅行にしたいかで変わってくるとは思いますが、

出来るだけ安く行きたいなら =エアアジア

出来るだけ快適に行きたいなら=ノックスクート

ってな感じで選ぶのがいいと思います!!

 

ちなみにタイ行き直行便は他にも2社あり、「スクート」と「Peach」があるのですが、

スクートは遅延やサービスの質などが低く、おすすめは出来ないため紹介せず、

Peachは今回おすすめした2社とサービスの質も運賃もさほど変わらないのですが、なにせバンコク行きの直行便が沖縄からしか運航していないため、今回は外させていただきました。

 

いかがだったでしょうか??

 

今回の記事がタイ・バンコクへ旅行予定のある方や、タイに興味がある方のお役に少しでも立てれば幸いです。

 

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!!

 

それでは今回はこの辺で!

 

サワディークラップ!!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ