タイログ-Thailog-

タイの大学生事情 PART 3 タイの大学には入試がない!?

f:id:thaihamster:20190405142937j:plain

サワディークラップ!!

 

Thaihamsterです!!

 

今回はタイの大学生事情 PART 3と題しまして、

私の実体験をもとに、

タイの大学や私の通っている大学の情報など

をいくつか紹介していこうと思います!!

 

きっと皆さんタイの大学に対してイメージが全く湧かないと思いますので、今回の記事をきっかけに少しでも、

 

「タイの大学ってこんな感じなんだー」

 

っと思っていただけたら幸いです!

 

それでは今回も張り切っていきましょう!!

スポンサーリンク

 

 

タイの大学は入学チャンス (入試) が一年に複数回ある!

f:id:thaihamster:20190405134105j:plain

日本の大学は基本的に入学時期は1年に1度しかないと思うのですが、

なんとタイの大学は一年に4回ほど入学チャンスがあるのです!

 

っとそのお話をする前にまずは日本の大学とタイの大学の1年間の学期スケジュールを紹介していこうと思います!

 

例えば一般的な日本の大学だと...

4月:入学式

4月~8月:春学期 (前期)

8月~9月:夏休み

9月~12月:秋学期 (後期)

2月~3月:春休み

といった感じだと思います。

 

 一方でタイの大学は...

8月:入学可

8月~12月上旬:前期 (セメスター1)

12月下旬~1月上旬:休み

1月中旬:入学可

1月中旬~5月中旬:後期 (セメスター2)

5月下旬~8月上旬:サマークラス or 休み

といった感じになっています。

 

このように一年の学期スケジュールだけでも日本とタイではかなりの違いがありますよね!

 

*ちなみに、タイの大学はアメリカセメスター制度というものを採用しており、そのためタイとアメリカの学期スケジュールはほぼ同じとなっております*

 

そして見出し通り、タイの大学は年に数回入学できるチャンスを設けており、

基本的に1月、3月、8月、10月となっています。

 

自分の好きな時期に入学できるのは何だかいいですよね。笑

 

タイの大学は簡単に入れる!?

f:id:thaihamster:20190405134902j:plain

お次に紹介するのが、タイの大学の入試制度についてです。

ズバリ言いますと...

 

タイの大学には日本の入試のようなしっかりとした試験はありません!!

*もちろん例外はあります*

 

私が通っているAssumption Universityでも一応テスト自体は受けるのですが、クラス分け程度の意味合いしかなく、高校の成績などで入学させてもいいかどうかの判断をしているみたいでした。

(といっても余程悪い成績でない限り、大概の人は入学できるんですけどね。笑)

 

そしてものすんごく突然なのですが、

「海外の大学は入学は簡単だけど卒業が難しい」

なんて話を聞いたことはあるでしょうか?

 

タイの大学もその通りで入学は簡単なんですが、ただ

卒業が非常に難しいです。泣

 

なので簡単に入学できてしまう分、ドロップアウトしてしまう学生の数も日本とは比にならないくらい多くなってしまいます。

もっと言えば4年で卒業できる学生の数は4割程度とまで言われています。。。

 

それほどまでにタイの大学は卒業が難しいのです。

(といってもしっかりとまじめに大学に通えば余程のことがない限り4年で卒業できるんですけどね。。。)

 

タイの大学の卒業時必要単位数は日本より多い??

f:id:thaihamster:20190405135435j:plain

これは大学によりけりで一概には言えないとは思うんですが、日本の大学の平均的な卒業時必要単位数が124単位なのに対して、私の通っている大学、Assumption Universityでは142単位となっています。

 

もちろん学部によっても多少違いはあるのですが、大体これくらいです。

*ちなみに私の学部はBBAと言って、マーケティングやマネージメントに関して学ぶ学部となっています。日本でいえば経済・経営学部になるんですかね。。*

 

 

タイの大学には入学式がない!?

f:id:thaihamster:20190405135520j:plain

なんとタイの大学には日本の大学のように入学式がないのです!

なので新学期が始まると、すぐに授業が始まります。

(やった!入学したぞ!なんて気持ちには全く浸らしてくれないのです。笑)

 

ただ!

新入生用にオリエンテーションのようなものは設けられており、履修登録のやり方を教えてくれたり、校内の説明などをしてくれます。

 

といっても大学が広すぎるので、実際に見て回るというようなことはせず、マップを見ながら簡単な説明をするといった感じでした。笑

 

大学構内に寮がある!!

これは私が通っているAssumption Universityのみなのかもしれないのですが、

なんと校内に学生寮があるのです!

f:id:thaihamster:20190405131021j:plain

こちらがその写真になるのですが、真ん中の時計塔の両脇にある建物が学生寮となっており、

右側が男子寮、左側が女子寮となっています。

 

ちなみに真ん中の時計塔は下がミュージアムとなっています!

(開いているところを見たことがないので、実際に入ったことはないのですが。泣)

 

f:id:thaihamster:20190405131843j:plain

こちらが部屋の写真となっており、基本的に2人1部屋となっています。

 

うろ覚えなので確かではないかもしれないのですが、

1か月6,000バーツ (約21,000円) ぐらいだったと思います。

 

そしてもちろん大学の周りにも学生寮が多くあり、大体20棟くらいのコンドミニアム (日本でいうマンション) が大学周りに乱立しております。

 

生徒数が1万人を超える大学なので、それくらいの数の学生寮が必要なんでしょうね。

 

タイの大学には英語の特訓期間がある!

f:id:thaihamster:20190405135618j:plain

これまた私が通っているAssumption Universityだけなのかもしれないのですが、

私の大学では入学してすぐの一学期目をインテンシブ期間 (Intensive Semester) と言い、単位がもらえる授業は全く受けずに英語の習得に専念する特訓期間のようなものが設けられています!

 

というのも私が通っている大学は校内の公用語が英語なため、英語が話せないと友達はおろか、授業に全くついていけなくなってしまうのです。泣

 

私自身入ってすぐは先生の言っていることも、友達が言っていることも全く理解できずにとても苦しい思いをしました。。

 

ただその期間があったおかげで下手に単位を落とすようなこともなく、英語の習得に集中できたので、このインテンシブ期間はとてもありがたかったです。

 

まとめ

いかがだったでしょうか??

 

書いてみて改めて思ったのですが、タイの大学は日本の大学とだいぶ違いますね。笑

 

カルチャーショックを受けてしまうようなお話もいくつかあったのではないでしょうか??

 

今回の記事がきっかけでタイの大学に対するイメージがある程度つけばいいなーと思います。

(願わくば、この記事がきっかけでタイの大学留学に興味を持ってくれる人が現れれば泣いて喜びます。笑)

*こちらの記事にてタイの大学留学に必要な手続きなどを紹介しているので、興味がある方は是非お読みください!!*

 

 

 

またご意見、ご感想などがあれば、是非コメント欄にてお聞かせください!!

 

今回も最後まで読んでいただき誠にありがとうございました!

 

それでは今回はこの辺で!

 

サワディークラップ!!!

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ