タイ旅行の際に気を付けるべき15の注意点!!! 

サワディークラップ!

 

Thaihamsterです!!

 

今回はタイに旅行する予定がある方やタイに旅行したいと思っている方に向けて!!

 

タイに旅行する際に私が思いつく限りの皆さんに気を付けてほしい注意点をいくつかまとめてみたいと思います!!

 

それでは今回も張り切っていきましょう!!!

 

 

タイに旅行する際の注意点!!

f:id:thaihamster:20190314185957j:plain

冒頭でもお話しした通り、今回は

私が思いつく限りのタイ旅行の際の注意点をいくつかご紹介したいと思います!!

 

また、以前紹介させていただいた簡単なタイ語集を一読いただければ、小さなトラブルは避けられると思います。

お時間があるときにでも是非お読みください。

タクシーのぼったくりにお気を付けください

f:id:thaihamster:20190314190046j:plain

以前の記事でもちらっと紹介したのですが、タイのタクシーやバイクタクシーは基本的にたちが悪いです。笑

(もちろん、みんながみんなというわけではないですが。。。)

 

特に観光客の方が多いエリアのタクシーの運転手は基本的にぼったくりすることを前提で、観光スポットなどで出待ちしている(声をかけてきたら100%ぼったくりです)ので、正規の値段で帰りたい場合は観光スポットから少し離れた場所でタクシーを捕まえるのがいいと思います。

 

また、もしぼったくりだとわかっても、いちゃもんは付けずにスッと支払うようにしてください。

*噂程度の話なのですが、タクシーの運転手の中には拳銃を車に積んでいる人もいるみたいです*

 

下手に口論などになってさらにひどいトラブルに巻き込まれるよりは、お金を支払うことのほうが得策だと思います。

(実際に私の友達は、タクシーの運転手と口論になり、すごく怖い思いをしたことがあるそうです。。。)

 

また、他の記事でも、何度かお伝えしていますが...

夜に女性一人でタクシーに乗ることだけは絶対に避けてください!!!

タイ人の女性でも怖がる方がいるくらい危険になります。

出来るだけそのような状況にならないようにお気を付けください。

 

タクシーの斡旋にお気を付けください

f:id:thaihamster:20190314190136j:plain

斡旋に注意といっても何のことかさっぱりだと思います。笑

 

ズバリ!!

 

タクシーの運転手(特に夜のタクシー)の中には、レストランや夜の大人のお店などから紹介料などをもらっている人もいるため、強引にそのようなお店に連れて行こうとすることがあります。

(もしくは紹介したら成果報酬という形で紹介料をもらうこともあるそうです。)

 

また、だいたい連れてかれていくお店はぼったくりが多いです。笑

 

このような話だけ聞いていると、タイに旅行したくなくなると思いますが、そのようなタクシーの運転手はそこまで多くないので安心してください。笑

 

ただ!!

夜になればなるほど、エンカウントしてしまう確率が高くなるので安全に気持ちよく健全なタイ旅行を楽しみたい方はあまり夜にタクシーを利用しないことをお勧めします。

 

BTSやMRTでの携帯電話の使用について

f:id:thaihamster:20190314190240j:plain

 

注意というわけではないのですが、タイでは電車内での携帯電話の使用や通話は基本的にオッケーです!

日本と違い、堂々と電車内で通話されているので驚かれる方もいるかもしれないですが、ご了承ください。

 

タイのお寺のルールにご注意ください

f:id:thaihamster:20190314223458j:plain

タイのお寺に行く際はいくら暑くても半ズボンでは本堂に入ることが出来ません。

というのも、タイではお寺は大変神聖な場所として扱われおり(日本と同じ仏教国なので感覚は近いと思います)、肌の露出が激しい服装での本堂の入場は禁止されています。

とても暑い国なので、半袖短パンなどの服装でお寺の観光をされたいとは思いますが、出来ればフォーマルな格好で(シャツや長ズボンなど)観光してください。

女性も同様に、肩など体の露出が激しいような服装での観光はお控えください。

 

*タイのお寺の本堂は靴と靴下を脱いでから入るのがルールとなっております。

足が汚れると思いますので、ウェットティッシュなどを持っていくことをおすすめします!!*

 

赤色の服にお気を付けください

 

こちらはタイの政治に関する注意点になります。

あまり深くは話せないのですが...

  • 赤色=元首相のタクシン支持派

とされており、赤色は彼らのシンボルカラーとなっているのです。

基本的に赤の原色などの服装は避けたほうが無難だと思います。

 

また、迷彩柄の服などを着る文化もなく、迷彩柄と言えば軍隊というイメージがあるため、出来れば着ないほうがいいと思います。

 

不敬罪にお気を付けください

タイの方はタイの王様を大変愛しています。

また、タイの王様に対して、失礼な言動、または行動をした人は不敬罪といい処罰の対象になってしまいます。(タイの法律で決められています)

 

例えば、タイの映画館では映画本編の上映前に王様の映像が流れます。

その際に、起立をした状態でその映像を見ない人は不敬罪にあたってしまうなど、タイのことを全く知らない人には少し厳しい法律となっています。

(外国人であろうと基本的に関係ないです)

 

くれぐれも失礼のないようにしてください。

 

タイの水道水にお気を付けください

f:id:thaihamster:20190314225846j:plain

結論から言いますと日本のようにタイの水道水は飲めません。

 

なので、いつもの感覚で水道水を飲んでしまうことがないようにしてください。

高い確率でおなかを壊してしまうと思います。笑

(私の友達には、がぶがぶタイの水道水を飲んで見せる猛者もいますが...笑)

 

基本的に飲料水はコンビニなどで買う形になると思います。

(値段は約5-10バーツ (18円から35円)となっています)

 

トイレの文化の違いにお気を付けください

f:id:thaihamster:20190314230818p:plain

タイではほとんどのトイレに小さなゴミ箱が備え付けられているのですが、

そのごみ箱は、用を足した後に使用するトイレットペーパーを捨てるために備え付けられています。

 

なんだか汚い気がしますが、タイのトイレの下水パイプは日本と比べて細いらしく、簡単に詰まってしまうためトイレットペーパーを流してはいけないようになっています。

*ただ、今までトイレットペーパーを流して詰まったことが一度もないので基本的に大丈夫だと思います。笑*

 

また、だいたいの便器の横にシャワーのようなものがついているのですが、そちらが日本でいう”ウォシュレット”になります。

 

公共トイレ自体も日本と比べて大変少なくなっています。

日本だと、コンビニ(公共トイレと言っていいのかわからないですが。笑)があるので何とかなるとは思うのですが、タイではコンビニに一般客が使えるトイレはありません。

また、公共の交通機関にもトイレはありませんので、どこかに出発する前にホテルで済ましておくことをお勧めします。

(もちろん、デパートやレストランには使用可能なトイレがありますのでご安心ください。笑)

 

タイでの徒歩にお気を付けください

タイで徒歩にて移動されることもあると思うのですが、車には十分お気を付けください!

 

というのも、バンコク中心地は特に渋滞がひどく多くのドライバーの方は気が立っていたり、せっかちになっています。

 

なので、普通に道を渡ろうとしているときでも平気で突っ込んでくる人もいたりします。笑

(日本とは真逆で、歩行者優先ではなく車優先って印象です。。)

道を横断したい際は、しっかりと安全を確認してから渡るようにしましょう!!

 

また、タイには歩道があってないようなものです。笑

とんでもなく道が悪いので、転げたりしてけがをしないように気を付けてください!!

 

屋台の料理にお気をつけください

f:id:thaihamster:20190314231020j:plain

次は屋台の料理に関する注意点になります。

 

タイに来たからには、きっと皆さん美味しい屋台料理を食べたいと思います。

 

ただ、屋台は基本的に日本と比べて衛生面では劣ってしまいます。。

(少し汚い感じが私は好きなんですけどね。笑)

 

なので、あまり有名でない屋台などで食事をすると食中毒になってしまったりするかもしれないので、出来る限り旅行客の方にも人気の屋台などに行くようにしてください!

 

また、食器がたまに汚れていることなどもあるので、ウェットティッシュなどで綺麗にしてから使うようにするのがいいと思います。

(ウェットティッシュ大活躍ですね!!笑)

 

歩きたばこはお止めください

f:id:thaihamster:20190314231239j:plain

どこの国でも同じ事だと思うのですが、タイでも歩きたばこをしていると捕まってしまいます。

こちらに詳しく書かれているので、興味がある方は是非お読みください。

日本人として恥ずかしくないように、タイの方に迷惑がかかるようなことはしないようにしましょう!!

 

野良犬にお気を付けください

f:id:thaihamster:20190314231402j:plain

これは場所によるのですが、少しバンコク中心地から外れたエリアにはまだまだ野良犬がいます。

タイの野良犬は高い確率で狂犬病を持っているため、噛まれてしまうと大変なことになってしまいます。

(病院で、狂犬病が発症するのを防ぐ注射を数回打たなければなりません)

出来るだけ、タイの野良犬は刺激しないようにしましょう。

 

トゥクトゥクの料金にはお気を付けください

f:id:thaihamster:20190314231526j:plain

タイと言えばトゥクトゥクと言っても過言ではないほど有名な移動手段ですが、タクシーのようにメーターがないため、値段は交渉で決められます。

また、観光客の方相手に商売をしているため、年々料金が上がってきているような気がします。

 

基本的にタクシーより高いと思っていてください。

(距離にもよりますが、料金はだいたい100-500バーツ (350-1750円)程度となっております。)

 

室外と室内の温度差にお気を付けください

f:id:thaihamster:20190314231626p:plain

以前の記事でも紹介したのですが、

*こちらがその記事になります*

タイは室外と室内の温度差がとんでもないです。笑

外は猛暑なのに、中は極寒なんてことがあるので、必ず軽く羽織れる上着を一着持っていくようにしてください。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか??

 

やはり外国ということで、少なからず文化の違いにより気を付けなければいけないことがありますが、日本人が比較的受け入れやすい注意点になっていると思います。

 

タイで気持ちよく旅行をするためにもこれら15の注意点は出来るだけ守るようにしてください!!

 

また、何かトラブルがあった際にかけるべき電話番号をまとめておきます。

緊急用・非常用電話番号

  • ツーリストポリス = 0-2668-7173(日本語対応しています)

                  局番なし1155(英語 OR タイ語のみ)

トラブルに巻き込まれた際に必ずこちらに電話してください。

  • 日本国大使館     = 0-2252-6151(日本語対応しています)

トラブルに巻き込まれた際や、特にパスポートを紛失してしまった場合はこちらに電話してください。

  • サミティベート病院 = 02-711-8122 / 8123 / 8124 (日本語対応しています)

野良犬に噛まれたときや、事故に巻き込まれてけが等をした場合はこちらに電話してください。

 

以上になります!!

 

今回は少しネガティブな内容になってしまいましたね。。。

申し訳ございません。泣

 

次回の記事は、きっとタイに旅行したくなるように思っていただける記事を書こうと思いますので、楽しみにしていてください!!!

 

それでは今回はこの辺で!!

 

サワディークラップ!!!

 

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ