タイログ-Thailog-

タイに留学するまで PART 1 -タイに留学するために必要なVISAの種類と取得場所は??-

サワディークラップ!! Thaihamsterです!

 

 

久しぶりの投稿になってしまいました。。。

というのもつい最近まで学期末テストがあり、なかなか忙しかったので全く更新ができませんでした。泣

 

楽しみに待っていただいた方々、本当に申し訳ありません。

(いないかもしれませんが。。笑)

 

 

それでは!!

今回は、"タイに留学するまで PART1"と題しまして、

タイの大学に入るまでの手順をできるだけ詳しくお伝えしていこうと思います!

 

 

Visaを取得する

f:id:thaihamster:20190520144013p:plain

一番最初にタイの大学に入る上で必要なこととはVisaを取得すること

 

といっても...

 

Visaってどこで取得できるのか

 

はたまた、

 

留学のためにはどんな種類のVisaを取得すればいいのか。

 

わからないことはたくさんある思います。

 

なので、今回は出来るだけ細かいところまで、学生が取得しなければならないVISAに関する情報を紹介していこうと思います!

日本でのVISAの取得場所

f:id:thaihamster:20190322112301j:plain

それではまず、VISAの取得場所についてお話ししていこうと思います!

 

日本国内でタイのVisaを取得するには...

 

  • タイ王国大使館(東京)
  • タイ王国大阪総領事館(大阪)
  • タイ 王国名古屋名誉総領事館(愛知)

 

東京、大阪、愛知、これら3つの都府県にて申請が可能になっています。

 

*詳しい位置情報については以下のサイトで確認することができます。*

www.tokutenryoko.com

 

タイに留学するのに取得しなければいけないVISAの種類は??

次に学生がタイの大学、又はタイにある語学学校に在籍することを目的として、タイに滞在する場合、必要となってくるVisaの種類はズバリ、、、!

 

ノン・イミグラントビザ(Non-Immigrant Visa) 、エドュケーションビザ(Education Visa)

 

となっています。

 

それでは、お次はこのVisaを取得するためにはどのような手順を踏まなければいけないのかのお話をしていこうと思います。

スポンサーリンク

 

VISA取得までの手順

留学先に連絡

入学予定の大学、もしくはタイ語学校(タイ王国が認可している)メールでの連絡が主流なのかなと言った感じです。

書類の準備

入学予定の大学、もしくはタイ語学校からVisaの取得に必要な書類と、入学の際に 必要な書類が記載されたメールが返信されるのでその書類の準備をする。その書類とは

  • パスポートの全ページのコピー(白紙は含まない)、かつコピーした紙全てにパスポートのサインと同様のサインをする。
  • 最終学歴の卒業証明書のコピー(必ず英文で!) 

*最終学歴が高校だった場合、出身高校に頼めば英文のものを用意してくれると思います。*

  • タイの学校から送られてくる入学の際に必要な申請書類。
  • パスポートサイズの写真(5~10枚)

書類の郵送

入学予定の大学 or 語学学校に準備した書類を郵送します。

この時、郵送手段としてオススメしたいのがEMSでの郵送

他の郵送手段に比べて若干割高にはなっていますが、スピードと安全性、確実性を考慮するなら断然お勧めです。

ED VISA発行許可証の受け取り

手順3~4までかかる期間が入学予定の学校によってバラバラなのかなといった感じです。

Thaihamsterが通っているAssumption universityでは約2週間ほどでしたが、調べたところによると、学校によっては1ヶ月から2ヶ月かかるところもあるみたいです。

Visaの取得

 いよいよ、日本にあるタイ王国大使館に行きVisaを取得します。

 まず、大使館で必要な書類とは

  • パスポートの原本
  • Visa申請書1枚 (こちらは以下のタイ王国大使館のホームページから取得することができます。)

www.thaiconsulate.jp

  •  航空券を予約したことを証明できるもの(チケットのコピーなど)
  • タイ側の教育機関からの紹介状(英文もしくはタイ語で書かれているもの。)

などが基本的に大使館で必要になってくる書類になります。

 

今回は日本で会社、又は学校に属している方が必要な書類を紹介しましたが、もしどこにも属していない方はまた違った書類が必要になってきます。

 

**以下の領事館の公式ページにより詳しい必要書類が記載されています**

www.thaiconsulate.jp

 

タイへの渡航

f:id:thaihamster:20190520150152j:plain

Visaを取得できたらいよいよタイへの渡航となります。

続いては飛行機に乗る上で少し困ってしまうかもしれないことに対する対策を紹介していこうと思います!!

 

ではその困ってしまうかもしれないこととは...

 

入国カードと出国カードの書き方です

 

あれ、それだけ???

 

と思われた方もいるかもしれませんが、私自身、出国カードと入国カードの書き方についてとても苦戦しました。泣

 

というのも、機内では当然携帯は使えないので、その時すごくCAの方に迷惑をかけてしまったのを覚えています。。。

 

それでは早速書き方について説明していきたいと思います!!

 

 Arrival Card(入国カード)

f:id:thaihamster:20170615145225j:plain

 

こちらがArrival card (入国カード) になります。

 

このカードは日本からタイへ渡航する際に機内で渡され、飛行機を出た後にタイの入国管理局 (Immigration) に提出します。

 

そして、入国カードを書く上で一番重要なのが、タイでの滞在先の住所

 

特に、留学に行く方はしっかりと滞在先の住所を、紙や携帯などに控えておき、機内ですぐ確認できるようにしておいてください。

 

**旅行などでタイに渡航する方は、上の画像のようにホテル名だけで大丈夫だと思います。**

 

Departute card (出国カード) 

f:id:thaihamster:20170615145230j:plain

 

こちらがDeparture card (出国カード) になります。

 

このカードはタイから出国する際に書いておかなければいけないもので、

例えば、タイから日本へ帰国する場合、こちらのカードもタイの出国管理局 (Immigration) に提出します。

 

さいごに

ここまでのステップをクリアして、ようやくタイに上陸&長期滞在(半年or一年)することができます。

 

ここまでの手順はなかなか複雑で難しいところも多かったかもしれませんね。。。

ただ、ここまでくれば、タイの大学や語学学校に留学するまで後少しです!!

 

長々とした記事を読んでいただき本当にありがとうございました!

次回は ”タイに留学するまで PART2" と題しまして、この記事の続きを書いていこうと思います。

 

 

この記事に関して、分かりにくかったところやご質問、ご意見があれば、是非コメント欄にてお聞かせください。

 

  **随時、編集してより良い記事に仕上げていきます。**

 

 

それでは次の記事まで

 

サワディークラップ!!!

スポンサーリンク

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ

ブログランキング・にほんブログ村へ